--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年02月04日 (月) | Edit |
我が家のバスルームは排水に問題がある。

かつての同僚にそう話したら「そんなこと言ったら、この国のアパートなんてどっかしら問題があるよ。ぶっちゃけそんなもんだし、きりがない」と言われたことがあった。納得いかない気持ちであったが、実際それは当たっていて、小綺麗に見えるような所でもやはり何かしらの問題を抱えている。ただ、致命的ではないというだけのこと。ここでは不急の用はのために人は動かない。

しかしモノはバスルーム、毎日のことだし衛生問題にも関わる。住みはじめて以来修理を頼んでいたが大家はのらりくらり。ついに(わたしの不平に耐えかね)ポニョさんが滅多に使わない奥義ブチ切れを繰り返し、やっとこさ大家の首を縦に振らせた。執念である。


という訳で昨日、朝っぱら7時半から大家とリフォーム業者が点検にきた。一度引き上げたと思ったら早速大家が新しい便器とバスルームのタイルを持ってきて、なぜかキッチンに置いていく。うち、庭も小屋もあるのになんで家ん中に置くんだよ。新品だからとかそういう問題ではないだろう。信じられない。

そんで今日は昨日の朝7時半に続き、7時に下見の業者(下見って1回じゃダメなの?)がやってくる。普段1時間くらいの遅刻なんて遅刻に入らない程度って認識の国なのに、こんな時だけきっちり、いや、若干早く来る。なにもかもいちいち腹が立つ。

んで、ファイナルアンサー:週末トータル2日、バスルームが使えなくなる。

だからさ、そんなこと分かりきってたから、去年1ヶ月以上日本に旅行してる間に済ましてくれって頼んでたんでしょ?それから5ヶ月も経ってこれ。お陰でしなくていい不便を強いられる。彼に対してマトモに話すポニョさんは寛大だ。尊敬に値する。わたしなど幾度、心の中で彼に危害を加えるシュミレーションをしたか知れたものではない。

このアホ大家はいつもそうだ。期限を延ばしたら自分に得があるとでも考えているかのようだ。まあ、実際あわよくばこっちが訴え疲れ諦めてくれないかと思っているのだろう。現実には双方嫌な思いをするだけで、なーーーーーーんの解決にもならないどころか事態も関係も悪化の一途を辿るばかり。

そして地顔なんだが、本人はいつもニコニコ満面の笑顔で登場する。その果てしなく平和な笑顔を見ていると、スパーンと巨大ハリセンで張ってやりたい衝動にムラムラとかられる。

当然補償のホテル代など出る訳もなく、実際には義実家か義兄の家に泊まらないといけないことになる。それはもちろん私にとっては苦痛以外の何ものでもない。不平を告げたところ大家からトンデモ提案:その2日間は階下に住む隣人ちのトイレ使ってもいい、とな。

なんでやねん。

どっからその発想なの。このアパートは君の持ち物かも知れんが、そこには賃貸料を払って住んでいる人が居る。なんでそこ、許可もなしに「使っていい」とか言えるの。しかも、一日一回シャワー借りるのとは訳が違う。深夜にトイレいきたい時とかどうすんの。相手はフィリピン人介護士と2人暮らしのちょっとボケたおばあちゃんだよ。女性2人の家にそうそう何度も上がり込める訳ないでしょう。呆れすぎてものも言えない。


ちなみに近所の人々も未だにこの感覚である。大家は既にこの家に住むことをやめ、アパートに改造して賃貸に出しているというのに、彼らにとっては「ああ、アローンの家だろ。あいつが生まれた時から知ってる、俺たちはいい仲間だ。だから彼の庭には邪魔にならない程度に何か置いても構わない」信じられないが本気でみんなそう思っている。今や彼は遠くジェルサレムに移り住み何年も経ち、彼のものだった庭は賃貸料を払っている人間(うちだよ)に使用する権利があるのに。

知らないうちに庭に自転車が勝手に放置される。知らないうちにいかにもどこかの庭で邪魔にされたようなテーブルが置かれている。それも、年寄りが勿体ながって捨てれないだけだろう、ってくらいボロボロのゴミ。ゴミに出せよ!なんなら、庭のレモンやクレメンタイムを勝手に採りにくるやつなぞ最早珍しくもない。日常の風景である。

みな誰のことも何も気にせず、自分のしたいことをする。
それじゃ動物園と同じじゃないか・・・。


追伸:今、庭を見たら知らない人が座っているんですが・・・お隣さんちに昨夜泊まったお友達かなんかであって欲しい・・・。


*********************************


以前「キモかわいい」「エロかっこいい」などの複合語をポニョさんに教えたらえらく気に入り、庭に住み着いたネコを「こいつはブサかわいいってやつだろ!こいつの名前はブサだ!」と命名。家から出ると道路まで送ってくれ、ついに昨日は帰宅時、道路まで迎えにきてくれるようになりました。愛いやつ♡
そういや、お騒がせ玉置浩二氏の最新の妻・青田典子嬢はかつてロンブーの番組で「エロ面白い」って言われてましたね。その通りかとww

ブサギャラリー♡

74659_10151374882207668_1823468208_n.jpg

528800_10151384731617668_107578584_n.jpg

これはスマフォ向けのカメラアプリ、蜷川実花監修の「Cameran」のフィルターを使った写真。
376311_10151415443797668_1525745325_n.jpg

484843_10151385287797668_368379128_n.jpg

最近嬉しかったこと。イスラエルに住む日本人仲間のお友達が、ついに手作りラーメンのデリバリー開始♡
今年の冬は雨も多く降り寒いのでとっても嬉しい!
ポニョさんもついにスープまで飲み干すほどのファンに。
312440_10151413872377668_831705624_n.jpg



     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログ<br />ランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです
スポンサーサイト
テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
2011年07月14日 (木) | Edit |
こないだ日本に帰ったばっかりと思っていたら(お正月の出来事)、今年もあっという間に半ばを過ぎ7月に突入。その7月ももう半分を終わるところじゃないですか。

早い。早過ぎる。
30代後半の1年は「坂道を転げ落ちるように早い」とは言い得て妙です。


さて、前回の投稿でもちょっと触れましたが、私たち先月末引越しをしました。
新居はもちろん前のアパートよりも広いし、大家さん(笑)を含め環境がいいし、なにより、小さいながらもBBQや外飲みを楽しめる庭をゲットしました。

忙しすぎて、まだその庭を使ったことがないんですが・・・

もちろん、新居にもデメリットはあります。
まず、前の家は徒歩2分圏内に巨大スーパーが2件、家を出て真横がバス停、徒歩10分でテルアビブ中心のオシャレショッピングモールにも行ける立地。通勤時間もバス+徒歩で2~30分程度という好条件でした。
要するに都会型、車を持たない若い世代向けの住まいでした。

対しまして新居、近所に大型スーパーはなく、週末は車を出して買い物。基本どこに行くにも車が必要。郊外型の小家族向けの住宅地といった感じです。
そして勤務先からは遠くなったので通勤時間は倍増しました・・・というのは先月末までの話でして。

実は今月一日にイスラエル全土のバスのシステム、路線が完全に違うものとなりました。
まず、イスラエルにはDANとEggedという二つのバス会社があります。それらは愚かなことに共通の決済システムがなかったんですが、変更後は、共通のバスカード(プリペイド方式、入金額の125%がチャージされる)となりました。

その他の主な変更点は
○ 10円程度値上げがあったが、一定額(2011年7月1日現在6.4シェケル=約150円)を支払えば初乗りから90分間はバス乗り継ぎ放題
○ 路線の大幅な改訂

今回その「大幅改訂」が全国に大パニックを引き起こしてます・・・現在進行形で(笑)
例えば私のケースだと、改定前は最寄りのバス停にはナンバー#17、41、73、74、91、154が来たんですが(うち、#73と145は職場直通)現在は#17と41の2本だけ。
つまり私は職場直通便を2本とも失ったのです。仕事に行くには最低でも2本のバスを乗り継がないといけない。

これだけでも噴飯モノなのにまず、改定後は乗り継ぎ利用をしなければいけないくなった人が増えましたが、乗り継ぎが同じバス停に集中しているため、朝のラッシュ時などは路上にまで乗り換え待ちの人が溢れる状態。「10分おきに来る」はずのバスが30分待っても来ない。かと思えば、同じナンバーのバスが数台続けて来る。あまりの大幅改訂にユーザーもドライバーも全くついていけておらず、路上にはバスの運転手用の道案内の看板が設置される始末。バス停には早朝から苛立つイスラエリーの怒号が飛び交っております。半月たった今も尚、です。

そして半月経って私が理解した悲しい事実は「やっぱり職場への直通便はない」ことと「通勤時間が1時間以上に伸びた」ということです。頭にき過ぎて頭痛いです。

ニュースでも連日取りざたされてますし、同僚や友人とも話す機会が非常に多いですが、信じられないことにこの変更で便利になった、と言っている人に未だに会ったことがありません。


改悪やん。


もちろんそんなことは起きないのは分かってはいますが・・・ほんと、前のシステムに戻して欲しい。共通バスカードもなくていい。乗り継ぎ料金も払います。
だから私に職場への直通便を返してください。
・・・6時台に家を出なきゃいけないのは勘弁して~!


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログ<br />ランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
2010年11月09日 (火) | Edit |
以前も書きましたが、我らがイスラエルの在留邦人数その数約800人。
到底日本人相手の商売が成り立つ数ではなく
日本の書籍も食材もなにもかもがほとんど手に入りません。
(食材は手に入っても質が悪いことが多い。)
書籍はこれでもかというくらい回し読みされ(私の蔵書、1Q84も長旅中)
食材はコレをコレするとコレっぽい味になるよ、とか
怪しげなレシピで悪戦苦闘する在留邦人たち。

最後の頼みは「ふるさと宅配便」、
日本の友達や親に頼んでお茶漬けのもとや乾燥ごぼう、
果ては真空パックの明太子にまで登場願い
それらを宝物のように大事に食べ、ささやかな幸せを感じる日々。

ところがここで発生するのが憎き「国際送料&関税」。
送料が高いのはまあ、仕方ないのですが問題は理不尽な関税!
在留邦人のほとんどが1、2度はありえない額の関税を払っているそうで
知人女性は、子供のための絵本などを送ってもらったところ
関税500シェケル(現在のレートで≠11500円)以上を払うハメとなり
それがトラウマで以降、日本から荷物を送ってもらうのをやめたそうな。
また別の知人は、出産祝いのギフトにも高額の関税を払い
「気持ちは嬉しいけど・・・喜びも半減だよね・・・」とタメ息。

私も1度目は日本から荷物を送ってもらう場合の鉄則を知らず
中古の外付けHDDやカレールーなどに7500円程度の関税を払いました。

2度目はなんの間違いか楽天市場で1万5000円分のポイントが当たり
どうせポイントだし、と海外発送サービスを使って服を購入したとき。
楽天海外発送は全て悪名高いEMSで行われるため、関税は覚悟の上。
お店側も気を使って、買い物額は15000円程度だったんですが
荷物の価格のところには「2000円」と書いてくれていたんですね。
ところがそれにも30シェケル(≠700円)の関税がかけられてた。
2000円の荷物に700円って、関税額が30%を超えるってことですよ。
絶対ありえませんよ。
それに、あとから知ったんですが内容物4000円以下の国際便には
関税はかからないのが基本。
(つまりこの場合、不服申立てをして払わなくて済んだ)

じゃあなんで?

一、円とドルを勘違いした。
一、単に係の人が間違えた。

いずれにせよ、私の心にはまたトラウマが刻み込まれたのです。

3度目、大阪に住む友人に本を送ってもらった時のこと。
もう決して同じ轍は踏むまい。
そう決意をし、送ってくれる友達には大変迷惑をかけましたが
送付方法はEMSではなくSAL便を指定、
中身は全て「Second hand」(中古)と記載してもらいました。
(但し、新品に見えないよう包装から出すなどのワザが必要です。笑)
そしてついに学習効果が発揮され、無関税で荷物を受け取ることに成功!
達成感が半端じゃなかったです。笑
ただ、郵便局の手違いか、事故かはわからないんですが
1度目の不在配達通知が私の手元に届かず、
結局日本からの発送から3週間程度がかかってしまいました。

そして今回、4度目。
私、パソコンがないと生きていけないヘビーユーザなのですが
この国に来るときに買ったキーボードカバーがついに

23-09-10_2334.jpg

↑ こんなことになってしまいまして。

黄ばんでるわ、一部が盛り上がってしまいキーボードが見えない状態に。
それでもカバーなしで使うのは怖すぎるので
だましだまし使っていましたがもう限界。という訳で
初めて「国際転送サービス」なるモノを利用してみました。

国際転送サービスとは、一旦日本国内にあるサービス提供会社の倉庫に
通販で買った荷物を送り(専用の住所が割り振られる)、
その後、その会社から海外の住所に転送してもらうというサービス。

現在、amaz●n.co.jpは全品送料無料キャンペーン中。
なので、国内送料は無料→転送サービス会社への支払い分のみ。
今まで使っていたカバーと全く同じものを注文したのですが
自宅での計測で、カバー自体の重さは15グラムとわかっていたので
どんなに過剰包装されても荷物の重さは150グラムと想定して
送料はカバー本体と同じくらいの値段のはずでした。

そのくらいだったらまあ、許容範囲だなと早速手続きをしたところ
転送サービス会社からはの見積りには荷物重量:400グラムとあり
私の予想の倍の見積もりが出されてきました。

信じられない!ムキーッ!!


もちろん即刻クレーム。
「自宅計測したところ、商品自体は15グラム。
 いくら過剰包装とはいえ400グラムの箱ってことですか?
 測り間違いとしか思えません。」

即刻返答。
「測り間違いのないよう十分注意を払っております。
 そのようなお言葉をいただき大変残念です。
 計量した写真を添付しましたので御覧ください。」

添付された写真にはハカリの上にありえない大箱。
目盛りは間違いなく400グラムを差してました。


15グラムの商品にこの箱ですかああ!!
過剰包装しすぎだよAMAZ●Nさん!!!



しかも、包装を簡素にするオプション(有料)もあったのですが
注文後もオプション変更できるようなことが書いてあったのに
結局できず、そのままの値段を払うハメになったのです。


ものすごい敗北感です。


海外在留邦人の弱みにつけこむ(違)憎い転送サービス・・・!
もう二度と、二度と使いますまい。
多少面倒をかけても、親や友達に送ってもらったほうが遥かにいいや。。

そんな悶着のあった商品がようやく届いたので郵便局に取りに行ったら
それこそ ラップトップが入ってるような箱
頭に来たので 郵便局でむしって捨ててきました。


おかげで私のラップトップは美しく蘇りましたが・・・↓

09-11-10_1318.jpg


これまで都合4回の国際便にまつわるドタドタ。
1勝3敗とは情け無い限りです・・・


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
2010年06月30日 (水) | Edit |
昨日は日本代表残念でした。
しかし、こんな言い方もなんですが
負けて悔いなしの最高の負け方だったんじゃないでしょうか。

しかし、争うのがコミュニケーションてのは実に男性的ですね。
スポーツって美しい。

ところで昨日はお昼から授業をこなしてから
夕方からテルアビブのバーで日本戦を日本人女性たちと見ました。
ボニョさんとその甥っ子、私の生徒も含めて10人ほどで観戦。
なぜかバー全体が日本の応援をしてくれる(笑)
ありがとう、見知らぬ初対面のイスラエリーたちよ。

最後列から見た店内はこんな感じでした。

DSCF9577.jpg


それにしても日本人女性集まるとうるさい。笑。
日本戦を口実にあって飲みたいだけだからもうメチャクチャ。
しかしなんだかひさびさに心から楽しい!って思って飲めたなあ。

本当に私の気付かないうちに日本サッカーチームは弱くなくなってた。
4年後が楽しみです。


なんていい話をしたあとにあれですが。
昨日は久々に大キレした事件が。

日本戦を見に行くためにタクシーを拾ったんですが
行き先を告げたらその運転手が私をちらりと見ると
「40シェケル、OK?」と言ってきた。
あのねえ、急いでなきゃ歩いてもいい距離なの。
そんなにかかる訳ないのよ。
「ノー、なんでメーターを使わないの?
 私、ツーリストじゃないよ。」
と言ったら「OKOK、、」とメーターを倒す。
このシレッと図々しい感じがもう、憎たらしい~。
結局料金24シェケルだったよ。
40シェケルって何だよ・・・せこい!!
どうせなら100とか言えばいいのに40とかセコい!

あったまにきて「急いで!モンディアール見るんだから!」と
無意味にぷんぷんしながら運転手を急かしてました。


ボニョさんに話したら
「やったねハニー、誇りに思うよ。
 だいぶイスラエリーっぽくなってきたね」って・・・


当然のことをしたまでと思うけど、なんか・・・いやだなあ - - ;


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
2010年06月10日 (木) | Edit |
前回のブログでも各国の国民性について書いたんですが
フランス人の国民性といえば「人生の必修科目はLOVE♥」
今日はフレンチにまつわるちょっとした事件を。

イスラエルに住む日本人女性がある日
テルアビブのビーチまで散歩に行った時のこと。
ビーチのそばには公園があって
実はそこはゲイのハッテン場として有名な場所。
するとベンチに座った彼女にまだ若い(20代半ばくらいだったそう)
フランス系ユダヤ人が話しかけてきて普通におしゃべりを始めて
そのうち、少し散歩しようと言われたんだけど
まだ明るいし、人も沢山いるし、悪い人には見えなかったので
そのままトコトコと歩き始めると彼はやおら

「自分はゲイじゃないけど
 男の人に入れられるのに興味があるんだ」


とトンデモ告白をはじめて(え、それってゲイじゃないの? ^^;)
はじめはそういった衝動について議論してたんだけど
そのうち彼女に向かって

「ちょっとそこの彼に話しかけてみるから
 そばにいてくれないかな」

とこれまたトンデモ要求・・・。
あっけにとられて何も言えない彼女を尻目に交渉開始。
で、晴れて交渉成立したからそこで見張ってて!と
とっとと2人で木の陰に行って早速おっぱじめたそうな。
我にかえった彼女はやっとの思いで逃げてきたそうです。

「ホントにNOと言えない自分に反省したよ」って彼女は言うけど
いや、それはかなりタチの悪いもらい事故です。
心の底から、ご愁傷様でした・・・


で、一方これは私の身に起こった話。

家の前の通りを歩いてたら向こうから歩いてきた男性に

「やあ!この通りで何度か君を見かけて
 次にあったら日本語を教えてって言おうと思ってたんだ!」

とニコニコ話しかけられました。
良かったらこれから打ち合わせも兼ねてお茶でもどう?と
言われたんだけど、あいにく用事があったので
夜なら空いてるんだけど・・・と言うと
じゃあ、夜スシを食べながら話をしよう!ということになり
(どうでもいいけどやっぱりスシ・・・)
再度待ち合わせをしてスシバーに行きました。

んで行ってみたんですが
結局彼が何を言いたかったかというと
「やろうぜ ♥」ということでした。

オヌシたばかったなぁあ!!! 卑怯ナリ!

NoNoNoNoNoOOOOOOO!!って逃げ帰ってきましたが
このクソ野郎もフレンチジューイッシュ。


もちろんすべてのフランス人がそうじゃないのはわかってます、
でも、でも・・・・・・・・

フランス人、トゥーマッチ・・・ 。・゜・(/Д`)・゜・。


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。