--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年06月04日 (水) | Edit |
どうやら外界は40度近くなっているようですが、気づかないフリをしています。こんにちは。

ここのところ急激に暑くなりました。そしてついに数日まえの朝、この家に越してきて初めてのG様登場。しかもイスラエル名物、ひっくり返ってめっちゃもがき苦しんでる薬剤散布後のアレ。この季節は役所が家庭やアパートの共用部分にG様キラーを撒くのですが、それで死にかけてひっくり返ってバタバタしてるのが何故か家の中に死に場所を探して迷い込んでくるんだな・・・我が家は6階なのに。今際の際にエレベーターにわざわざ乗り、我が家を終の場所と選んでいただいたのに何ですがとっても迷惑です。


昨日〜今日はシャブオットという、一年で私が一番嫌いな祝日真っ最中。乳製品をやたらと食べる祝日ですが、ユダヤ教の食餌規定で肉と乳製品の組み合わせがアウトなため、とにかくひたすら乳製品攻め。ノーチョイス。この国の乳製品は恐ろしくマズくて、チーズなどなんというか、外側のワックス塗られた捨てるトコあるでしょ、あんな食感と味に近い。そして国内産業の保護とやらで関税がクソ高いので、美味しい輸入のチーズは高いのです。

欠席したいホリデーナンバーワンですが、それでなくとも家族行事を体調不良で欠席しがちなのでしぶしぶ昨夜の実家ディナーには行ってきました。まあ、行ったら行ったで甥姪たちは可愛いし、そこそこ楽しめるんですけどね。今年は乳製品はキッシュを一切れ程度食べたのみで、あとはサラダを食べていたので本日快調です。日本人に多量の乳製品の消化は無理なんですよね。自分はあっさりした杏仁豆腐を作り持参しました。



ユダヤ教のお祭りは飽食の祭典。現代ユダヤ人はシャバットに火を使わないなどのハードコアな信者はだいぶ減り、事情は変わってきてはいますが、それでも祝日前にスーパーに買い出しに行くと「これからこちらのご家族は長丁場のキャンプにでも出かけるのかしら?」と驚くような量を買い込んでいます。まず、買い物カートの容量が日本の6倍ほどありますw それに溢れんばかり、なんなら2台分・・・と馬に食わせるのか?という量に呆れ果てます。

大体、祝日になったからってなんで沢山食べないといけないの?見ていると、特に年配のお母さんたちはどうも強迫観念で買い物してるようにしか見えず、食べ物に不自由した時代の名残なのかなと思っています。ほら、田舎のばーちゃんちってそうでしょ?勿論そのせいでしょうが、イスラエル人のデブ率は非常に高く、特にお尻のデカさが半端ない。公共交通機関の席では隣席まで尻がはみ出ているメーワクな人が大変多いです。顔も小さくてかわいいし、足も細いのにホント尻だけが異常。先月オランダに旅行した際は、街中に太った人がいなくて(ついでに人々が静かで)感動しました。


タイトルにあるように先週、長くファンであるプロディジーがイスラエルにやってきました。今年はイスラエルでの大物アーティストのライブ当たり年で、なんと今夜はローリングストーンズのライブ。その他にジャスティン・ティンバーレーク、ニール・ヤング、ジャスティン・ビーバー等のライブ開催が決定しています。昨年末にビーニー・マンのライブに行って以来、しかも大好きなアーティストということでウキウキでした。

イスラエルは小さい国です。お陰で全てが身近にあり、そしてそれらはかなりの高確率で繋がっている。友だちは2人辿ればみんな友だちレベルだし、用事はほとんどが身内で済みます。その辺、自分の故郷の秋田市にとっても感覚が似ている。はじめは鬱陶しいですが、なれると便利で安心だと感じるようになってきます。

狭いならではの面白エピソードも多く、数年前まだレオナルド・ディカプリオがイスラエル出身のモデル、バー・ラファエリとつきあっていたときは「レオ様、お忍びでバーとイスラエル旅行。ジャッファの蚤の市や北部リゾートを楽しんでいるご様子」とのニュースを目にしましたが「ジャッファの蚤の市って、買うものほとんどないよーなガラクタ市じゃん・・・あんなとこでレオ様が何を?」と皆、首を傾げていましたw

去年のGuns N' Roses来訪時は「アクセル・ローズ、フロレンティン(テルアビブ南部の飲屋街)のバーでその場にいた客全員とテキーラ・ショットで乾杯」なんて、こちらはちょっと羨ましいなーってニュースも。アクセルと乾杯なんて、気分よく酔えそー!そんな訳で、別にプロディジーのメンバーに会えるとかそういう訳ではないのですが(実際会ったとしてもエキセントリックすぎて会話にならなそうだけどw)なんとなくイスラエルでのライブというのは距離感が近いんです。

会場内はこんな感じでした。野外最高!



ライブは、正直もう30分くらい演って欲しいな〜という感じで短さ物足りなさはあったものの、クオリティは満足いくものでした。旦那の甥っ子とその奥さん、義兄、さらに会社同僚も加わって一緒に踊って、とっても楽しかった!前回ライブは1996年、今回は2014年。次回はまた18年後ではなく、また数年以内に来てもらいたいものです♪


ところで今夜は先ほど書いたようにローリングストーンズのライブです。プロディジーも日本円にして1万円程のチケットで高めでしたが、ローリングストーンズ、その倍以上。ハイすみません、熱心なファンでもないのにそこまで払いたくないでーす。と、すっかり参加する気はありませんでしたが、昨夜のディナーで義兄に「明日芝生席でローリングストーンズ見ないか?」と誘われました。え、芝生席って何?ステージから遠い分だいぶ安いチケットでも買えるのかな?と思ったら


会場のすぐ外側に、ステージの音が全部聞こえる芝生の場所があるそうで。


確かに、プロディジーの時も「これ、チケット持ってなくても会場のすぐ外側に座ってたら普通に聞こえるよね?」と話していたのですよ。


という訳で、これからビール持って、芝生で寝転んでローリングストーンズ聞いてきまーす。笑



♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

クリックしてもらえたら嬉しいです

スポンサーサイト
テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
2012年01月01日 (日) | Edit |
日本の皆さん、明けましておめでとうございます。

ことしのお正月は帰省しませんでした。ここイスラエルで過ごす、2度目のお正月です。1度目は4年前、イスラエル旅行で初めてボニョさんに会ったときでした(そしてその後2年のあいだ完全忘却の快挙♡)。
2010年の春から始めたこのブログもまもなく2年継続したことになります。いつも読んでくださっている方には、ありがとう、これからも宜しくお願いします。


イスラエルでは公文書へのサイン、日付の数え方共に西暦ですが、イベントごとは太陽太陰暦のユダヤ暦で進んでいきます。新年は毎年秋頃にあたり、大晦日元旦も平日です。ボニョさんも普通に本日出勤していきましたし・・・。12月31日はシルベスターと呼ばれ、年越しイベントなど開催されてはいますが、街中のムードは新年感薄めです。12月30日はイスラエル人が大好き♡な、DJ TSUYOSHI(TSUYOSHI SUZUKI)がテルアビブのクラブでプレシルベスターイベントでまわしてました。

シルベスターの前は、「ユダヤ教版クリスマス」的な認識で知られる(実際は全く違いますが)「ハヌカ」(※1)と呼ばれる8日間のホリデーでした。ホリデーの間は日暮れ後に1本、次の日にまた1本と、ハヌカソングを歌いながら蝋燭をハヌキヤと呼ばれる燭台に灯し、スフガニヤと呼ばれる、ジャムやクリームの入った揚げドーナツを食べます。(画像はともにWikipediaより)

Hanukkijja_messing.gif ハヌキヤ。うちにはない。

Sufganiyah.jpg スフガニヤ

「South Park」(※2)で、クリスマスパーティをカイルだけがユダヤ教徒なので祝えない、というエピソードをご覧になったことのある方もいるでしょう。クリスマスとハヌカはほぼ同時期に行われますが全く性質の違うお祭りです。しかしユダヤ教徒は世界中に散らばって暮らしており、長い間祖国を失っていたことから、ユダヤ教の伝統への希求力が失われているのが現実です。近年はイスラエルでも、ハヌカにクリスマスのように子どもにプレゼントを買い与えたりする家族も増えており、宗教家からは問題視されています。

ちなみにスフガニヤは「ROLADIN(ローラディン)」(※3)という有名店があり、期間中は長~い列を作らないと買えないほど人気!うちでも買ったんですが、残念ながら油が古い?変な味がして一口でギブアップ。無理して1個全部食べた彼はひどい胸焼け(涙)4個買ったうち、ほぼ3個捨てる羽目になりました。高いんだから油くらいこまめに取っ変えて欲しいんですけど!(怒)「ことしのローラディン、美味しくないよね。もうあの値段払う価値があるとは思わないな。」と友人も言っていたので、質や製法など変わったのかも知れません。

私がハヌカの間食べたスフガニヤでは、ボニョさんの会社のイベントで出されたものが一番美味しかったです。シネコンのひとつを貸し切り、映画を観る前に立食形式でチーズやマッシュポテトなど入ったパイ(ブレッカス)とスフガニヤ、ポップコーンなどが振舞われましたが、どれもフレッシュで絶品だった♪揚げ物だもの、凝ったクリームよりも鮮度が命!3個も食べちゃいました。肝心の映画はコンサル会社を舞台とした映画でしたが(職場はコンサル会社)、なんと社長、エンドロールが流れた瞬間に最前列から立ち上がって振り返り、社員に向かって「クソみたいな映画だな!」と一蹴。一同大爆笑!日本だったら、有りえないでしょ?


さて、ハヌカは8日間の長い子ども向けのホリデー。通常は初日と最終日を家族で過ごしたりすることが多いです。私達も、ハヌカの間のシャバットのディナーをボニョさんの家族と過ごすために実家を訪れてきました。

2ヶ月ほど前、ボニョさんのお父さんとやっとコミュニケーションのきっかけをつかめた、というようなエピソードを紹介しました。あれから2ヶ月。今回は、到着した時と帰るとき、2度もキスの挨拶ができたし、お父さんも私の手を両手で握りしめてくれて、笑顔♪ヘブライ語の会話も全くついていけないんだけど、なるべく相づちを打つようにしたりしたら、すごく楽しそうにしてくれた!お母さんの料理は相変わらず最高だし、とっても気持ちのいいホリデーとなりました。ゆっくりだけど、ものごとは変えていけるんだなあ。こんな日がくるとは思ってもいませんでした。


そしてそのつぎの日はクリスマス・イブ。日本人はクリスマスの雰囲気好きな人が多いと思いますが、私もご多分に漏れず・・・さすがに寂しいので、日本人の友だちと、クリスマスもハヌカも気にしないイスラエル人とで集まってクリスマスパーティを開催しました。BBQときりたんぽ鍋に自家製梅酒、という謎メニューです(笑)お友達が、美味しいクリスマスツリーを持ってきてくれました!(食べ物写真は参加のお友達より拝借しました)

386083_251138221618794_100001678536535_622997_1327127047_n.jpg 中身はマッシュポテト。かぁわい♡

BBQ中に雨が降ったりトラブルもありましたが、こちとら6キロの肉焼いてる最中。あとには引けません。かわいそうなボニョさんが外で雨の中、最後まで焼きあげてくれました。

404534_251139134952036_100001678536535_623000_1112327949_n.jpeg 手羽とアサード各3kg。

その後は部屋に入り、梅酒ときりたんぽ鍋でポカポカ!イスラエル人もきりたんぽ鍋、楽しんでくれたようでした!

399851_251140381618578_100001678536535_623008_632999953_n.jpeg きりたんぽ鍋。


そして昨日、大晦日。一応テルアビブはカウントダウンパーティや新年イベントも多少あるので、夜もお祭りムード。仲良しの日本人女性ばかりで集まって、中華屋さんで大いに飲み、食べて、その後カフェでカウントダウン!すっごい楽しかったけど、やっぱり新年迎えた感じは、しないですね(苦笑)。

66098f4a345911e19896123138142014_7_convert_20120101234457.jpg


ところでこの日本人女性の集まり、私よりも長くこの国に住んでいる方が大半で、とにかく面白すぎるんです。私のブログを見ていただいてもわかると思いますが、とにかくこの国、マンガです。そのマンガな国に10年20年と住んでらっしゃる方たちですから、ずっこけ度合いも半端ナシ。彼女たちの面白エピソードは、そのうちまとめて紹介するとして・・・大晦日一番のヒットはMさんの「アメリカ出張で、時差で寝れないから “モッコリ” 飲んで寝たのよ~」発言に捧げます。



マッコリですからね。




※1 ハヌカ
 ユダヤ教の年中行事の一つで、マカバイ戦争(B.C.168年 - B.C.141年)時のエルサレム神殿の奪回を記念する。アンティオコス4世エピファネスと異教徒によって汚された神殿の清めの祭りである。キスレーウ(ユダヤ暦の第9月)の25日から8日間祝う。
 神殿の清めの儀式に用いるメノーラーを灯すための一日分の聖油が八日間燃え続けたという奇跡にちなみ、ハヌカーの間は油を使った料理が必ず作られる。また、イスラエルではハヌカーがオリーブの収穫の後に来るので、絞り立てのオリーブ油が豊富に手に入るという事実もこれと関係している。スフガニヤと呼ばれるジャム入り揚げドーナツなどを食べる。

※2 South Park
 アメリカのコメディ・アニメ。可愛らしい絵柄とは裏腹の過激な内容で人気。作者のひとりがユダヤ人であり、ユダヤ教ネタが少なからずある。

※3 ROLADIN
 公式サイトはこちら。小ぶりで上品なサイズと、中身がジャムだけではなくドルチェ・デラーチェやチョコレート、ピスタチオクリームなど種類が豊富で人気。1個8シェケル(160~170円)前後するが飛ぶように売れる。


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログ<br />ランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
2011年12月23日 (金) | Edit |
先日の投稿と時間軸が前後してしまいますが、今月中旬、FIFA U-18日本代表チーム(※1)が公式試合参加のためイスラエルを訪れていました。

381208_312849255413306_100000647010658_1030509_1690271548_n.jpeg


試合スケジュールは以下の通りでした。

12月12日(月)17:00 対 U-18ポルトガル代表
       (Winter, Ramat Gan Stadium)

12月13日(火)17:00 対 U-18ドイツ代表
       (Ra'anana, Municipal Stadium)

12月15日(木)17:00 対 U-18イスラエル代表
       (Petach,Tlkva Municipal Stadium)


見てのとおり、全日程平日開催だったんです。加えてこの時期、私とボニョさんは交代するみたいに体調を崩してました(ボニョさん腰痛→私風邪、みたいにw)。しかし最終戦は週末だし(木曜は日本の花金に当たります)、やっと体調も良くなっていたので対イスラエル戦だけは見にいこう!という話になって盛り上がっていました。他にも参戦表明の日本人の友人がいたので「じゃあ、現地集合して盛り上がろうね!」と約束をしてワクワク♡

いよいよ当日。朝から待ちきれない気持ちを抑えながら用事を済ませ、お昼を作って食べて、午後3時、待ち合わせのボニョさんの会社(そこから車でスタジアムまで直行)へ向かおうとしたら、


急に気分が悪くなり、嘔吐&寒気・・・


泣きながらボニョさんに電話して「うえっ、行けましぇん」「ええっなんで?」「吐いたあと寒気で震えてますぅぅううう寒いぃぃ」「ええっ、じゃあ今すぐ帰るからちょっと待ってて。参ったなー」


結局、えづきながら涙目でTV観戦。うぇーん。


吐くものも吐いたらスッキリしたので、ウィルスではなく自作のお昼ご飯にアタったのだろうという結論となりましたが、とにかく楽しみにしていただけにショックが大きかったです。約束していたお友達たちの応援する姿がテレビに映し出されるのが切なかったです。ものすごく楽しそうで・・・(゚´Д`゚)゚。

結果。日本チームは開始早々にイスラエルから2ゴールされるものの、その後は立てなおし、体格差を運動量とテクニック、集中力でカバー、6-3での大勝!イェイッ!奇しくも試合前にボニョさんが「イスラエルは体がデカイからスタミナが後半切れる。集中力もないから、後半スピードで日本に追いつかれてやられるな」と予言したとおりの内容となりました。

また、日本チームは身内の贔屓目ではなく、スポーツマンシップを感じさせるクリーンなプレイと礼儀正しさが高評価だったと思います。選手交代でフィールド入りする選手がペコン!とお辞儀をする様は、見た人に好感を持たすに足る愛らしさでした。ボニョさんも「ほら、見て、おじぎしたよ!かわいい!」と、なぜか興奮してましたw

また、日本チームは実は全3試合中、他の2試合は負けてしまったんです。なお、イスラエル戦の会場は実はこの日この試合がこけら落としの新しいスタジアム。芝の状態も最高だったようで(イスラエルは気候のせいで、芝の管理が大変。大体のスタジアムの芝の状態が悪い)、それも選手にはよく出たのではと思います。

イスラエル戦を見ていて思ったけれど、日本人はほんとうに小さい。それでも先のワールドカップ後は世界ランクを15位まで上げた。スタミナとテクニック、スピードで体格をカバーする戦法は確かにダイナミックさには欠けるけど、その姿勢そのものが実に日本人っぽくて共感できます。頑張れ、小さな未来のサムライたち!


ところで。現地集合を約束していた友達に試合後連絡したところ「楽しかったよ!大きな声で応援してスッキリしたし!でもさーイスラエル人、負けてきたら日本人の応援席にジュースのカップとかペットボトル投げ込んでくるんだよ!最悪!」



・・・これは今後のイスラエルの課題ですね。



※1 U-18日本代表:FIFA U-20ワールドカップ トルコ2013出場を目指すチーム。


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログ<br />ランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。