--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年04月23日 (土) | Edit |
あれ、自分のブログを見たら
「1ヶ月以上更新のないブログに表示される広告です」・・・
あらー、1ヶ月更新しなかったですか、私。
特に具合が悪かったわけでも、特に忙しかったわけでもありません。
ふるさと東北の大震災が気になり、気持ちが晴れなかったのでした。

今すぐ飛んでいって家族や仲間の手伝いをしたいやら
大変な現地の人数を増やしてどうするんだ!とジレンマを感じたりも。
また、最も被害のひどかった地域の一つ、石巻で漁師をしている友人と
かなり長く連絡がつかなかった間は食事の味もわからない感じでした。
ボニョさんにもイライラをぶつけて家庭内の雰囲気も悪かったし(汗)
ともかくやっと普通の精神状態になりました。

今回は先月下旬から今月頭にかけてのことです。
先月末はイスラエル中が最もハッピーになる日のひとつ、
プーリームというお祭りでした。
老若男女、町中を仮装して練り歩き、子供たちにはお菓子が配られ、
みんなでBBQをして、やたら甘いお菓子を食べ、
ストリートではパーティが開かれたりキッズイベントも盛りだくさん。

プーリームの心得とは「ハッピーになって過ごすこと」
(去年参加したストリートパーティの写真を載っけておきます)

pr1.jpg pr2.jpg
pr3.jpg pr4.jpg


会社では「シークレットサンタ」などのイベントが行われたりも。
(くじ引きで、誰が誰の秘密のサンタクロースになるか決め、
 ネタバレ当日までバレないようにデスクにプレゼントを置いたりする)
ちなみに私がプレゼントを渡す相手は私のすぐそばに座っている女性で
いない隙にプレゼントを置きたかったんだけどなかなかタイミングがなく
「私のサンタさん、こない・・・」と
どんどん沈み込む彼女を見て本当に心が痛みました(苦笑)

プーリームの期間中、ボニョさんの父上(80歳!)の誕生日ということで
イスラエル南部にあるアシュケロンという街に行ってきました。
アシュケロンは有名な「ガザ地区」の北に位置する、風光明媚な港町。
この街出身の男性は「アシュケロン・ボーイ」と呼ばれ、
ナヨナヨの代名詞の「ジェルサレム・ボーイ」と対極をなす、
なんつーかイカつくてタフで図々しい男子として知られております。

んで、当然空に柵や網はないわけで、アシュケロン、死者こそ稀なものの
ガザ地区からのミサイルで家が壊れたの怪我したのって話を聞く街です。
なんというか、恐ろしいことに「つきもの」って感覚で、
町の人たちは至って穏やかに普通のこととして受け止めて暮らしてます。

ボニョさんのお父さんの誕生日をみんなで祝って、食べて、飲んで、
疲れ果てて雨のアシュケロンを発ちテルアビブに向かう途中のこと。
信号待ちのとき、「ヒュルヒュルヒュルヒュル」という音を聞きました。
直後、遠くで聞こえた衝突音。
運転していたボノの義兄アンドレイが
「聞いたか?あれが、ガザから飛んでくるミサイルの音だよ」

現実味がなさ過ぎてふーん、で会話は終わってしまった。恐怖はなかった。
でもテルアビブに戻ってきて、ニュースでアシュケロンにミサイル着弾の
映像を見て、うわ、さっきまでいたし、その間に起きたことだし・・・
と気持ちが暗くなった。
ボノの親戚の大部分は今もアシュケロンで暮らしている・・・
ほんとにどうなってるんだ、この国。とまた少しネガティブな気持ちになった。

そして今月頭のこと。私たちは最近ようやく車を手に入れたのですが
その車でドライブがてら、アシュケロンを尋ねたとき。
ご両親の家の前でボニョさんと2人、車を洗っていたんだけど
その時、目の前の空を右から左へすごい速さで飛んでいく銀色の物体が。
生まれて初めての事態に、頭がおっつかない・・・
いや、飛行機があんなに速いわけない!ミサイルだ!と思った瞬間
迎撃ミサイルに空中でミサイルは撃ち落とされた。ものすごい衝撃音。

ボニョさん「なに?いまの?」
私「ミサイル飛んできた」
ボニョさん「なんで教えてくれないの!」
(↑ イスラエル人でも飛んでるミサイルを見ることは珍しい)

私「いや・・・それどころじゃないでしょ・・・」

やっぱり、現実感も恐怖も全くなかった。
まるで私にはそれを感じる機能がないというくらい、心は揺れなかった。

私は長く、正直「この国に住む」という選択が理解できなかった。
友人で、15年くらい米国に住んでいたイスラエル人女性が
「ずっとアメリカにいることもできたけど、もういいの。ここが私の国。
もう、どこへも出て行きたくない」と言ってるのも
「いや、どう考えてもアメリカのほうがいいんじゃ・・・」と思ってた。
まして、日本なんてもうステキすぎて比べ物にならーん、とも。

でも、日本って美しく暮らしやすいなんでしょ、なんて言われるけど
実際それほど暮らしやすい国でもないんだよね。
物価は高くて平均出生率だって先進国最低。
昨今、人海戦術の中国に2位の座を明け渡したとはいえ、
いまだ世界3位の経済大国としては少々お粗末な現状。
自然の驚異だって厳しい。
梅雨時期には台風も相まり西日本を中心にオオゴトになるし、
夏は短いながらも一丁前に暑い。
東~北日本は長ーい冬に雪害だって深刻。
それに地震。

今回の大震災・・・私が愛する故郷東北はずたずたにされてしまった。
これが、あの美しかった東北なのか?
救助を待つも虚しく、亡くなる方が今この瞬間だっている。
映像を見るにつけ信じたくない気持ちばかり募る。

でも、それでも私はやっぱり日本に、東北に帰りたい。
今はこの国で、なんとか上手くやれる道を探している最中だけど、
できる限り早く、いやもうスキあらば日本に帰りたい。
そこがどんな姿になろうとも、雨が降ろうとも槍が降ろうとも、
きっとそこに戻りたい。それがふるさとなんだ。
アシュケロンのご両親だって、
きっとおんなじ気持ちであの町に住み続けているんだよね。
だってそこがふるさとだから。


私のふるさと、東北はきっとまた美しさと平穏を取り戻すでしょう。
風評被害になんて負けるな東北。


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログ<br />ランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

スポンサーサイト
テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
2010年10月03日 (日) | Edit |
9月30日に23日から(正確に言うと22日の日没から)続いた
仮庵の祭り(かりいおのまつり、スコット)もようやく終了。
これでユダヤ暦新年にまつわる祭日が終了しました。

9月9日のユダヤ暦元日「ロシュ・ハシャナー」から丸3週間
これでもかというくらいの怒濤のイベント攻め。

9/9  ロシュ・ハシャナー(ユダヤ暦新年祭)
9/18 ヨム・キプール(新年より10日目、贖罪の日。断食)
9/23~30 スコット(新年より15日目から8日間、仮庵祭)

さて、9月中どのくらいが祭日だったのでしょうか。

02-10-10_2218.jpg

オレンジ色に塗りつぶされた日が祭日。
半分オレンジ色の日が半祭日。ものすごい祭日率です。

スコット、仮庵祭は3200年前にユダヤ人が出エジプトの際に
荒野で天幕に住んだことを記念し
祭りの際は仮設の家(仮庵)を建てたことにちなむ
ユダヤ教三大祭りの一つです。

この日から1週間、白い布を貼った簡単な小屋(スカー)を建てて
屋根をヤシの葉で覆い、その中で食事をします。
敬虔な人は中で寝るそうです。
現実には子供たちがはしゃぐ場のようになっていますが・・・

これは友人のアパートの駐車場に建てられたスカー。

25-09-10_1322.jpg


この祭りについて全てが終わった今頃こうして書いていますが
実は私、スコット祭をボイコット しました。
新年から続く祭りという名の親戚付き合いに少々疲れていたのと
現実に色々とやることがあって、祭日って気分にならなかったから。
ボニョさんは実家に行ったので、当然お留守番。

ちなみに「たまっていた仕事をする」はずだった留守番中は
先日送ってもらった本を読了して終わりました。 ほんとゴメンナサイ。
好きな本を心ゆくまで読めて、実に幸せな時間でした。

帰ってきたボニョさんに
「ハナはどうしてこないんだってみんなに聞かれたよー」と言われ
少々後ろめたい気分にもなりましたが
たまにはこういう時間も重要ですよね?!ねっ!

ところで我らが奇妙な家主にして隣人のベンジャミン氏
スコットが終わってもそのまま仮庵で日がな楽しそうに遊んでいます。
建ててるときも嬉しそうだったもんなあ・・・
ただ、ただね・・・スカー、布でできてるんだから
出かける時もキャンドルつけっぱなしはヤメテ・・・


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
2010年09月22日 (水) | Edit |
先週末のシャバットはちょうどユダヤ暦新年から10日目、
この日は「ヨム・キプール」と呼ばれる日です。

具体的にどんな1日になるかというと
○ 日没から次の日没まで25時間の断食(敬虔な信者はつばも飲まない)
○ 何もしてはならない。よって全ての店、交通機関はストップ。

新年からこの日までは悔恨の10日間とされ、
この日を過ごし終わると贖罪が終わり、生まれ変わった身となる意味ある日。
基本的に国全体が機能しない1日となります。

でも私ジューイッシュじゃないし、断食とかキツいなあ。。。
と思ってましたが、さすが世俗派ボニョさん「断食ナシ」のご英断。
(ちなみにある資料では国民の6割が断食するとありました)
わーい、じゃあ単に外の世界に出ないでお家で楽しくしてればいいのね!
と甘く見ていました私。

ボニョさんに連れられ、断食の方がよほど楽だったのではないかという
まさかの27時間ビーチ暮らし。
それも日陰など一切なしのハードコアビーチライフ。

まず、ヨム・キプールのはじまる日の夕方に友人が迎えにきて
テルアビブから車で30分くらい南にあるビーチに移動。

18-09-10_0816.jpg

見事に隠れる場所もないビーチに開いた口が塞がらず・・・

もうかえりたいいぃぃ > <

とはいえ、一旦日没がすぎヨム・キプールに突入すると
次の日の日没まで車の運転はできません。
とにかく暑いし、何を食べても砂でジャリジャリするし
断食しろと言われなくても断食せざるを得ない状況(涙)

それでも夕日は綺麗でした。

17-09-10_1727.jpg

ビーチは、砂というより貝殻の集合体のような感じ。

18-09-10_1653.jpg 17-09-10_1608.jpg

ボニョさんとお友達のi嬢、砂の城を作っています。

18-09-10_1121.jpg


ブログオーナーの紹介にも「北国出身」と書いていますが
北国の民の日光への耐性のなさは伊達ではありません。
ビーチで私が唯一していたことといえば
ターフの陰で伸びていたことだけです。

そしてどんなに日焼け止め塗ったってターフの陰に居たって
じりじりと照りつける紫外線に肌は真っ赤。
2日目にはボニョさんもついに伸びていました。

18-09-10_0815.jpg もうダメ~

読む本もなくなりいよいよ寝そべるしかすることがなくなり数時間。
やっと贖罪の日、ヨム・キプールが日没とともに終わりを告げました。

やっと帰れるのね、スイートホームへ・・・

ちなみに帰り道の高速は通常30分くらいかかるところ10分程度。
高速上では車を2、3台しか見かけませんでした。
で、テルアビブに戻ってきたら車道をたくさんの自転車が!!!
そりゃそうよね、またとない機会だもの、そんな事してみたいよね。

何はともあれ、こうして私の初めての贖罪日が終わりました。
断食こそしませんでしたがなんだか生まれ変わった(生き返った?!)気分。

来年はなんと言われようとビーチキャンプは不参加します。。。


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
2010年09月10日 (金) | Edit |
9月9日は「ロシュ・ハシャナー」と呼ばれるユダヤ暦元日でした。
ユダヤ教の一日は日没から始まるので、8日の日没から新年です。

北国出身で東日本にしか住んだことのない私にとっては
(いや、きっとおおよそほとんどの日本人にとっては)
お正月といったら雪・または寒い日であるという認識が強いです。
日焼け止め・サングラス必須の
紅白も初詣もないBBQで祝うお正月は

調子が狂うにもほどがある!ってくらい新年感ゼロでした。


ユダヤ暦では今年、天地創造から5771年目ということになります。
とはいえ先日「1万2000年前の宴会跡、イスラエルの洞穴で発見(※1)
などというニュースが流れたことでも承知の通り
本気で天地創造から~年目と信じるファンダメンタリストはいません。
(まあ中には本気で信じている人もいるかも知れませんが)
伝統の重みが時に科学的根拠を持つ説より力を持つ国というだけのこと。
無論これこそがローマ帝国に滅ぼされたあと世界離散を経ても尚
ユダヤ教の伝統が世界中で守り続けられてきた根源だと思います。

という訳で行ってきましたよボニョさんの実家・・・。
以前も書きましたがボニョさんは7人兄弟の末っ子かつ
長兄は五十路の声も間近の年齢差ということもあり
それぞれの家族の子供、孫、ひ孫がうじゃうじゃと集まり
新年は30名を越す大所帯での幕あけ。 しかもこれで全部じゃないの。

イスラエルのおうちは雨がほとんど降らないため
外も内もボーダレスのリゾートスタイルですが

その内外で子供がキックボードで走り回り
悪ふざけのつもりが大号泣に変わり
そこに犬と犬の小競り合いもはじまり
さらに注意する大人の怒号が入りまじり


しめやかさや厳かさなどとは全く無縁の大バラガン大会、
別名「子供と犬の祭典」

私はと言えばこれも年中行事、「ヘブライ語をもっと勉強しろ」
「子供はいつ産まれるんだ」とアチコチから責められヘトヘト。
(前者は申し訳ないとしか言いようがありませんが
 後者については日本だったら「デリカシーない」質問ですよね ^^;)
それらは無限ループのように次の日の日没後まで続き
ようやく帰宅したのは9月10日に正にならんとする時間でしたとさ。


嗚呼、疲れた ・゚゚・(>_<;)・゚゚・。


気付いたら写真も1枚きり。 唯一の写真ガイちゃん。歩き始めました!
いかに私がテンパっていたか想像は難しくないかと思います(笑)

08-09-10_1515.jpg


さすがイスラエル!という感じのとんでもない幕あけとなりましたが
ブログを読んで下さっているみなさんにも祝福を!


Shana Tova!(良い年でありますように!)

今年もよろしくお願いします♥


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです



※1:1万2000年前の宴会跡=葬儀で野牛と亀の料理-イスラエルの洞穴で発見

 イスラエルの洞穴で、約1万2000年前に人類が葬儀の際、野牛や亀をごちそうとして宴会を行った跡が30日までに発見された。同国のヘブライ大と米コネティカット大の研究チームが米科学アカデミー紀要電子版に発表する。宴会は地域の人口密度が高まった際、緊張関係を和らげ、結束を強める役割があると考えられ、農耕社会成立前のはっきりした宴会跡が見つかったのは初めてという。
 洞穴には人骨が埋葬された二つの穴があり、シャーマン(みこ)らしき初老の女性の墓とみられる穴からは、リクガメの甲羅などが少なくとも71匹分見つかった。もう一方の穴からは、家畜の牛の祖先と考えられる野牛「オーロックス」の3頭分以上の骨があった。
 亀の甲羅には焼かれた跡があり、肉は全部で17キロ以上あったと推定される。洞穴からは28人分以上の人骨が見つかっているが、肉の量は35人分以上に相当する。野牛は当時、狩猟対象として最大の動物であり、狩りには危険が伴うことから、一番のごちそうだったようだ。こうした宴会を通じ、地域社会が発展して農耕中心の生活に移行していったと考えられるという。(2010/08/31 時事ドットコムより)

テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
2010年05月21日 (金) | Edit |
昨日、一昨日とユダヤ教の三大祭りのひとつ、シャヴオットでした。
シャヴオットとは、その昔ユダヤ人がシナイ山でモーセを通して
神から十戒(トーラー、※1)を授かったことを祝うお祭りです。
んで、どうやって祝うかというと

やたらと乳製品をたくさん食べます。

実に難解な祝い方だ、と思ってたけど
聖書にある「蜜と乳の流れる地(※2)」に由来するそうです。
なるほどー。

というわけでボニョさんの実家に行ってきました。
以前も書きましたが、ボニョさん7人兄弟の末っ子。
その子たちを含めると到底全員が集まりきれないほどの人数です。
親戚の少ない環境で育った私にとってまさに驚きの光景です。
これがボニョさんファミリーの 一部 です。
全員を一度に写すことはかないませんでした(笑)

DSCF9437.jpg

心がけて食べる量をセーブしようといつも思うんですが
ボニョさんの実家では不可能。

ボニョママの料理、美味し過ぎるんです・・・
クスクスなんて、外食で食べるものがまずく感じるくらいの絶品。
スパイス使いが絶妙で、飽きずに食べられちゃうのが問題なのよね。
今回もご覧の通りの腹破裂祭り。苦しくて眠れないくらいでした。


19052010607.jpg

で、次の日は寝不足でビーチへ。
ええ、海嫌いなんでただ見てただけでしたけどねっ。
(海のそばで育ったので、興味薄。山の方が断然好き)


DSCF9453.jpg

で、またボニョママの絶品料理バズィンを頂きました。
これも伝統的な料理で、白いのはうどん版そばがきみたいなものです。
かけてあるソースが良く煮込まれていて本当に美味しい。

こうしておそるべし腹破裂祭りは終了しました。
・・・今日はあんまり食べる気になれませんでした。
 心なしか顔が丸くなった気が・・・


で、表題についてなんですが。
イスラエルが、というよりも祖国を離れた暮らしが
私に気づかせてくれたのは皮肉にも家族への愛でした。
高校を卒業して進学のため東京へ出てから実家に寄り付かず
今思えば、いや、今現在もなお進行形で
なにかと面倒を起こしては心配をかけ
家族を思う気持ちも希薄だったホントのドラ娘の私。

でもボニョさんの実家でたくさんの家族に囲まれて
いきなり自分の家族を思って涙が出てきて止まらなかった。
申し訳なさで、心の中で家族の名を呼びながら泣いた。
そしてこれから選ぶ私の未来が彼らにもたらす悲しみを思いまた泣いた。
 皆さん困ってました・・・

ボニョさんは約束するよ、少し状況を整える時間が欲しい。
面倒が全部済んだら日本に行って暮らそう。
と言ってくれるようになったけど(前は言わなかった)
その間に家族に何があっても、すぐに駆けつけられる状況にはない。
でも、ここをすっ飛ばしては未来へと進めない。

だから少しずつでもいいから
毎日、前へ前へと努力しなくちゃいけないなと思いました。
それは簡単なことではないけど
ボニョさんとならどうにかできそうな気がする。
そんな風に思わせてくれた人に巡り会えて本当に幸せだと思う。
まだまだ頑張らなくちゃね。
大切な気付きをくれたこの国と彼の家族に感謝です。


※1 十戒 - 旧約聖書より
1. あなたはわたしのほかに、何ものも神としてはならない。
2. あなたはいかなる偶像を造ってはならない。
3. あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。
4. 安息日を心にとめ、これを聖別せよ。
  神は六日のうちに天と地と海とその中のすべてのものを造り、
  七日目に休まれたからである。
5. あなたの父と母を敬いなさい。
6. あなたは殺してはならない。
7. あなたは姦淫してはならない。
8. あなたは盗んではならない。
9. あなたは隣人について、偽証してはならない。
10. あなたは隣人の家をむさぼってはならない。

※2
エジプトを脱出して荒野を放浪するイスラエルの民が
これから入ろうとする「約束の地」を形容するものとして旧約聖書に登場する。


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。