--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年05月30日 (日) | Edit |
さて、先日テルアビブ大学で学生有志によって開催された
「日本の夕べ」というイベントに参加してきました。

内容は、日本人留学生によるオタクカルチャー(フィギュア)講義と
テルアビブ大の学生たちによる研究発表。
在イスラエル日本大使がゲストに呼ばれるなどなかなか本格的。
 むしろ「オタクの夕べ」でしたけどね。

フィギュアの講義については歴史や村上隆のアートワークなどにも
言及した興味深いものでした。 講師のTくんお疲れ様でした。

俳句という難易度の高い創作にチャレンジした精神も
出来はともかくとして素晴らしいといえよう。
(日本人でも読み下すのには相当の知識が要るしね)
コンテストで最優秀賞をとった学生の喜ぶ様が微笑ましかった。

発音はともかく、全編日本語のせりふだけで構成された
ショートムービーの作成も評価できるものだろう。
あとコスプレイヤーの服装の完成度はかなり高かった。
何よりかわいい女子がかわいい服を着てるのは気分がいい。

しかし最後に行われた、「パラパラ講座」。
まずパラパラダンスという選択も微妙だが
ギャルカルチャーの象徴としては格好のサンプルである。
なんとなく(日本人であることに)羞恥心を覚えながら見ていると
壇上に上った学生さんたちが観客に教え始めたのは


パラパラじゃなかった。 ただのアイドルダンスみたいな?

DSCF9463.jpg

↑ 講習の様子。

最後にステップを教え終えた学生たちが観客に向かって
「この曲で一緒に踊りましょう!」といってかけた曲は
なぜかジャニーズアイドル「嵐」の曲。 なんとかディズという曲だった

パラパラダンスというカルチャーにさして重要性はないけど
(日本ではもう踊る人もほとんどいないんじゃないかな?)
これは紛れもなく「間違った文化」の伝承です(苦笑)
見終わった後、会場にいた日本人の友達が輪になり

「なんか俺、恥ずかしくて見てられなかった・・・」
「かなりぎりぎりのラインだったね・・・」
「いや無理でしょ」
「俺あのムービーの意味まったくわかんなかった」
「私もー」
「パラパラじゃなかったしね」
「うん、違ったね・・・」
「大使館の仕事も楽じゃないねぇ、大使気の毒。」
「大使良く耐えてたよね」
「飲みにでも行きますか・・・」
「行きますか・・・」


日本-イスラエル間の距離約1万キロ。
なんだか壮大な伝言ゲームの結果を見ているような気分でした。
正しい日本文化が世界に伝播するよう祈らずにはいられませんでした ^^;


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

スポンサーサイト
テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。