--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年02月27日 (日) | Edit |
この国では黒髪ストレート東洋人、ズバリ、モテます。

金髪女子がそばにいなければ間違い無く黒髪、一番人気です(笑)
男性にのみというよりも、子どもにとっては珍しいし、女性にとっても
興味の対象のようで、どこでもやたら声をかけられます。
幼児と老人は穴が開くほどガン見してくるのでちょっとイヤですが・・・
しかもお年寄りは目を合わせても見るのやめませんしね。疲れるわあ。


1年半前、結婚式のためにこの国に来たときは式で浴衣を着ました。
「オウ、キモノ!!」違うがな!と思いつつ
これがまーまたモテることモテること。
中には式の間じゅう、実に5時間も私を狙い続けたおじさんもいました。
しかも友達の実のおじさん(還暦間近)というオチでした。
とにかくこの国の人達、老若男女問わずナンパにとても情熱的です。


これは去年の話。
バス停でバスを待っていたら、目の前で急に清掃車が止まったんです。
すると中から爽やかとは言いがたいオジサマが降りてきて
「君は美しい。路上で輝いている!電話番号を教えて!」って・・・

あなたの車のせいでプチ渋滞起きてますが?
あ、もちろん番号は教えませんでしたよっ。粘られましたが。


また、ここでは公園に老若男女問わずみんな集まってますが
(イスラエリーは気持ちのいい日は外で集まるのが大好き)
先日、生徒との授業を終えた夜、近所の公園を通ると
これまたオシャレとは言いがたいオジサマに声をかけられる。
しかもオジサマ英語が話せず立ち往生。
すると、一緒にお茶していた彼の友達が見かねて飛んできて
「君は美しい、お茶でもできたら幸せだって言ってるぜ彼女!」などと
ナンパの通訳を始める始末です。
通訳されてるオジサンは横ではにかんだ笑顔で立ってるし・・・

なにこのシチュエーション・・・?

言葉も通じないのにアタックを続けようとする気概は素晴らしいですが
やっぱさすがに無理ですよ、オジサマ・・・


さて私のケータイはプリペイド方式のもので、チャージがなくなったら
キヨスクに行き、番号と金額を告げチャージしてもらいます。
うまくチャージが済むと「チャージ済んだよ」というSMSが届き完了。
数日前、チャージに行ったときはそのSMSがなかなか届かず
ついにレジの彼に「紙に番号書いて」と言われました。
大人しく紙に書いて渡すとすぐSMSが届き、良かったなと思っていたら
「この番号はもらったよ。あとで電話していい?(ウィンク)」

自分用に番号書かせただけかよっ!

もちろん丁重に断りましたが
瞳のキレイなイケメンだったなあ(遠い目)
ちょ・・・ちょっとだけ・・・惜し・・・くないもん!


ちなみに知人女性は、病院でレズビアンの女医さんに熱烈アタックされ
付き添いの旦那さんもいる前で、唇にキスされたそうです。
うーん情熱的。


みなさん、情熱の恋がしたくなったらイスラエルへきてみては如何ですか?


こちらは先日、お友達の誕生祝いで鍋パーティしたとき。
不肖、鍋奉行の私、田舎の名物「きりたんぽ鍋」を作りました。
鶏のダシとたっぷりのキノコでまったり美味しい鍋でした♪

20-02-11_1948.jpg


こちらは時々「自分へのご褒美」としてお昼に注文するお弁当。
日本人男性とそのイスラエル人の奥様が手づくりし、配達してくれます。
漬け物は同僚が気をきかせて持ってきてくれたものです。
牛丼・・・美味しかった・・・

24-02-11_1315.jpg


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログ<br />ランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

スポンサーサイト
テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。