--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年08月14日 (水) | Edit |
こんにちは。日本では猛暑を超え「炎暑」の言葉が新聞紙面を飾る日々のようですね。更に各地を襲うゲリラ豪雨。友人は皆、今年の夏は何かおかしいと言っています。日本の皆さん、水害熱射病には十分ご注意くださいね。
自分は血中ヘモグロビン値が9を超えることがない(通常7前後)重度の鉄欠乏性貧血でして、この暑さで目眩立ちくらみが絶えず。先週末から調子が悪かったのですが、昨日はつらすぎて会社を早退してしまいました。


さてユダヤ人はディアスポラ後世界中に散らばり、その地に同化しつつも民族的特徴を残し、宗教的伝統を守り暮らし、戦後のイスラエル建国を機に再び集まって暮らすようになりました。ユダヤ人は主にアメリカやヨーロッパ、ロシアに住んでいた「アシュケナジ系」、アジア・アフリカに散っていた「ミズラヒ(スファラディ)系」に大別されますが、その他にも近年は介護士やホームキーパー、シェフとしてインド・ネパール・フィリピン・タイなどからアジア人の移住、またアフリカからの亡命者も増えました。かつ、それらとユダヤ人との婚姻も増え、特にテルアビブは人種の坩堝と化しています。

また、テルアビブ市は公式に予算を投じ「同性愛者の観光客誘致」に力を入れており、ゲイピープルの観光客・移住も増えてます。かつての同僚、南米出身のゲイちゃんはこちらでバツイチ女性とユダヤ教への改宗が済むまで偽装結婚をし、先日無事改宗が済み晴れてシングルとなり本来のパートナーのゲイガイと幸せに暮らしはじめました。
どこの職場にも一人二人は同性愛者がいて、アメリカから養子をもらい同性のパートナーと暮らしているのが実に普通。私の前の職場、今の旦那の職場にもいます。最近良く聞くのは双子を養子にもらうケースで、どうも当地ゲイ界ではトレンドのようです。

ユダヤ教で同性愛は禁止されているのに不思議ですが、自分は本人同士が良ければそれが一番良いと思っていますので、街中でごっついツルっぱげのゲイカップルがちゅ♡なんてしてるのを見て、幸せそうでええこっちゃ。と思っています。ただ、ゲイちゃんたちのファッションセンスは好きになれないなー。ファッション界はゲイが牛耳ってるというのに、当のゲイちゃんたちがダサいのはなぜなの (・ω・`)?

こちらのリンクではテルアビブが現在世界で最もホットなゲイシティである旨書かれています(英語記事)。
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2088319/Tel-Aviv-trumps-New-York-named-worlds-best-gay-city.html



大幅に話がそれましたが、今回はそんな移住者の中でも急激にその数を増やすフィリピン人のお話。


フィリピン人は元々大家族で暮らし、幼い頃から兄弟や家族の面倒をみることに慣れており、国民性として愛情思いやり深いパーソナリティの人が多い。また貨幣価値の違いから安価で良質な労働力として、主に住み込みの介護士としてこの国で数を増やしつつあります。こんな言い方もなんですが、ぴりっとシャープといったタイプは少なく、どこかボンヤリにこにことしたタイプが多いですが、そんなことを言ったら申し訳ないという気になるほど気だての良い、素直で優しいタイプの多い民族だと思います。

以前の投稿でも書いたのですが、自分の祖父はフィリピンのルソン島で終戦をむかえ、捕虜として3年を過ごしたのち帰国しました。祖母はさぞヨレヨレになって帰国してくるものと思っていたところ、いやにぴんぴんツヤツヤして帰ってきて拍子抜けしたと語っていました。祖父曰く、フィリピンの人たちは優しく、必要以上に捕虜として扱わず、十分食べ物を与えて手当もしてくれた。現地の人と結婚し、帰国しなかった仲間もいたと・・・フィリピン人のホスピタリティが良くあらわれたエピソードだと思います。


ところでこの国に長く住む友だちと話していたところ、彼女「フィリピン人女性ってさ、まずフィリピンで結婚して子供産んで、海外に働きに出るの。現地に残った旦那がフィリピンでそのまま子供の面倒を見てね。んで、海外に介護士なんかの仕事できて、その現地の人とまた結婚したり恋仲になったりするわけ。新しい旦那が、フィリピンの奥さんの実家に遊びにいくと、親戚のおっさんかと思ってるのが元旦那だったりしてね。んで、国の家族に送金を続けて、適当に稼いだらいずれまた離婚してフィリピンに帰って、元の家族と暮らすのよ。」


へ?


「ほんとよー、そういうのフィリピン独特のシステムなのよ」


まさかー、いくらなんでもそんな荒唐無稽な話が許されるわけないでしょー、と試しにネットで調べてみたら「フィリピンは住民票が日本のように地方ごとの連携が取れていないため、重婚が簡単」「フィリピン国内で離婚後、海外で結婚する場合は婚姻具備証明書という独身証明書が必要だが、偽造がとても簡単」「家族ぐるみで嘘をつくため、本当に相手のフィリピン人が初婚かどうか見分けるのはかなり難しい」などの証言がでるわでるわ・・・真実の愛と信じ愛(と現金)を注ぎ裏切られた日本人男性の切々とした人生相談まで出てきます。はー、どうやら事実そういうことは(全部がそういうケースではないにせよ)珍しくもないらしいです。





あれ・・・・・





若い頃の友だちの話を思い出しました。

私と出会う前、彼はフィリピンパブのスカウトマンなどしていて、羽振りも良く派手な生活をし、悪い仲間とつるみ親泣かせなことばかりしていたそうで。しかしある日、スカウト先で「後にも先にも、あんなに綺麗な女には初めて会った」と入れ込むフィリピン女性に出会います。
それからは彼女に信じてもらうため悪い仲間とは縁を切り、調理師免許を取り板前として働きはじめ、彼女の病気の息子も引き取り結婚し国の家族にも送金し、真面目一筋に生きていこうと誓い努力を続けること数年。


「でもさ・・・結局俺が真面目になったって信じ切れないって、何年かして彼女は国に帰っちまったんだ・・・俺が若い頃、バカなことばっかりしてたツケがきたんだよな・・・今でも彼女以上の相手には出会えなくて、もう一生独身でいいやって思ってるんだ。ほんと、俺ってバカだよなあ・・・」








あれ・・・・どこかで聞いたような話ですけども・・・・・・・・・






テルアビブは一番暑い季節。でも、7月末〜8月は日本の方が暑そうですね ^^;
もちろん一概に温度だけでは比べられませんが、40度超はさすがにここでもありません。

4a3d646c036011e3b1c622000aa8000f_7.jpg

4827471eff7e11e29e6f22000a9e2992_7.jpg

5b41b98002ab11e3b61c22000a9f4de7_7.jpg

先日、なんとイスラエル産のゴボウを手に入れました!
嬉しくて、このクソ暑いのにかき揚げを揚げました。美味でした!

3b83cfeafba111e2affb22000aa8059e_7.jpg




♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログ<br />ランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

クリックしてもらえたら嬉しいです

スポンサーサイト
テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。