--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年08月09日 (土) | Edit |
日本に渡航経験のあるイスラエル人の友人曰く

「日本の夏は、お湯の中を歩いているみたいだ」

とは実に言い得て妙。

嗚呼、日本の夏はイスラエルより暑かった。


東京出張&帰省を終え、昨日早朝に約2週間ぶりにテルアビブに戻って参りました。日本にお住まいの方はまさかとお思いでしょうが、同じ気温なら湿度の高い方が暑く感じます。お肌には良くないかもしれませんが、イスラエルの湿度が低い夏に慣れてしまっていたようで、数年ぶりの日本の夏に徹底的にやられました。それでなくとも短い2週間の日本訪問で、そのうち3日を仕事、4日を体調不良で寝込んで過ごしたため、自分でも驚くほどあっという間に帰国の途に着くこととなりました。

今回の日本訪問、前半は出張でしたので上司随行。アジアどころかヨーロッパを出るのも初めての「俺を日本でひとりにするなよ、おまえと離れたら10分で死ぬ」とのたまう役立たずなオランダ人上司を引き連れて、すでに離れて10年も経つ殺人的な気温湿度の街で、プライベートでも仕事でも飲みまくり(普段イスラエルではほとんどお酒は飲みません)。そりゃ体壊すわ!楽しすぎてついはしゃいでしまいました。

上司も楽しんだようで、間違いなく人生最高の旅であったと力説(すでに出張だったことはキレイサッパリ忘れている模様)。いっしょに銀ブラしながら「日本人はみんな小さくて可愛いし素晴らしく礼儀正しい。食べ物は全てが夢のように美味しかった。街は世界で一番オーガナイズされている。おまえはこの国を離れて旦那のためにイスラエルに来たのか?考えられないよ!」と絶賛。旦那とまったく同じこと言ってるよなあ・・・と可笑しくなりましたが来年以降も必ず出張でこようぜ!との約束にブチ上がり!


やったー!また(会社持ちで)帰省できるぅ〜!


なお今回の教訓を生かし、次回からは春か秋に訪れることにしようと思います・・・。


東京では久々のメンバーと楽しい夜を過ごしました。
会いにきてくれたみんな、本当にありがとう!大感謝です!







さて今回の帰省は出発前からトラブルの連続でした。最初に大韓航空でチケットを予約したものの、先月テルアビブの空港近くにミサイルが着弾したことを受け、大韓航空は7月中の全てのテルアビブ発着フライトをキャンセルすると発表しました。そこからトルコ航空に変更、更にそのフライトも欠便となり、最終的には「何があっても運休しません」と最初から宣言していたイスラエルのエルアル航空に変更。なんと、チケットが決まったのは出発2日前でした。

日本出発時点では帰りのフライトはキャンセルされていなかったものの、この調子だとキャンセルになるだろうなあと思っていたら案の定。そして変更後のフライトはなんと、香港で8時間以上の乗り換え時間があるもの。

キー!ひどい!!とはじめは不運を呪いましたが、そういや最後に香港へ訪れたのは1997年、中国返還前のこと。香港はどこに行くのにも交通網も発達している便利且つコンパクトな街。こうなったらその間弾丸香港ツアーでもしちゃえ!と行ってきました。雨の予報でしたが曇りで、さして暑くもなく久々の香港を満喫しました。


羽田ー香港はJAL便利用でしたが、なんとビジネスクラスにアップグレードされました。ラッキー!
羽田国際空港内のJALサクララウンジが無料利用でき、のんびりとおいしい朝食+生ビールをいただきました。



香港空港から香港駅までのチケット。静かで快適なMRTです。



香港駅の中央バスステーションからバスで約40分。ビクトリアピーク(太平山)、標高554mの夜景の名所です。生憎の曇りでしたが、海まで見渡せる景色に満足でした。



ピークにある100年超の歴史を誇るレストラン「ザ・ピーク・ルックアウト」にて青島ビールをのんびりといただきました。この後、下山のバスの運転が乱暴で吐きそうになり、コーヒーにしとけば良かったと後悔。



香港空港に戻ってからは、メンバーシップを持っているプレミアムラウンジ(メンバーは世界中の空港ラウンジが無料利用可能)で食事&休憩。空港内で高いお金を払ったレストランよりはるかに美味しい食事が無料提供されました・・・。シャワーも浴びれるしwifi完備だし最高です。30〜35ドル程度で一般の方も利用できます。空港内で食事をしてビールを飲んだらもうそのくらいの値段になりますよね。是非メンバーでなくとも利用されることをおススメします!



香港は17年ぶりの訪問ということになりますが、久々の香港は前回に比べ街が汚れ、英語スピーカーが減り、お洒落な人もいなくなり「中国化したなあ」というのが率直な感想でした。かつては「東洋の真珠」と称され、誰もが恋に落ちずにいられない、清濁併せ持つ魅力溢れた都市だった。中国返還後、本土から中国人が流入してこうなってしまったのでしょうね。とても残念に思いました。


そして、テルアビブに着いたとたんに空港内で目にしたこの看板。



ちょうど今回の戦争が始まり2週間ほど経ったところで日本へ向かいましたが、今回ほどイスラエルに早く戻りたいと思った旅はありませんでした。

ミサイルは降ってくるし、相変わらず文明的な国というにはほど遠い。戦争中の国なのに本気なの?と言われそうですが、私の家族と大切な仲間がそこに居て、イスラエルが世界中から誤解を受けている状況を共に戦っています。そして今私が強くシンパシーを感じるのは勿論、生活の拠点を置く場所に他なりません。

日本滞在中、今回の戦争についての報道を見てあまりの偏向報道にひっくり返りました。そして東京ではアンチイスラエルのデモが行われているというニュースも。

しかし、それが本当に日本人が今しなくてはいけないことなのですか?

原発関連ニュースについて、偏向報道が行われていることは納得し「マスゴミ」などと毒づいている方も、アンチイスラエルの報道になると急に鵜呑みにしてしまうのはなぜなのですか?

世界はユダヤ企業に操られているというようなファンタジーを信じ、あなたの生活を何も変えはしないデモに参加するよりも、電力利権に支配され、あんな大きな事故が起きたあとも原発を推進し、血税が投入されている祖国の現状にこそ異を唱えるべきなのではないですか?

イスラエルに住む人間は戦争ボケしています。現在の戦況を、地上戦が終わったからミサイルが飛んでくる日常に戻るだけだと笑っているほどに。

そして愛する祖国日本の民はあまりに平和ボケしている。それは、危機的なまでに。

今一度、この大変な時代の一員として生きている意味を良く考えてみてほしいと思わずにはいられませんでした。



ところで私は三姉妹の長女なのですが、今月よりすぐ下の妹が旦那さんの転勤でロンドン生活をはじめました。一番下の妹は東京暮らし。還暦すぎの母を実家に一人残して、皆それぞれバラバラに暮らしている状況は胸が痛いです。幸いうちは旦那が日本移住を希望してくれているので、数年以内に帰国を予定していますがそれもまだ決定事項ではありません。

しかし母はなんだかこの状況を楽しんでいるようで、ロンドンとイスラエル訪問にも強い意欲を見せてくれています。冗談で上司が妹を気に入って弟に紹介したいらしい、という話を母にしたら、

「長女はイスラエル、次女はロンドンで三女はオランダ?!素敵〜!いいじゃな〜い!」

だそうで!

さすが、母は強し!!



♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

クリックしてもらえたら嬉しいです
スポンサーサイト
テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。