--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年09月12日 (月) | Edit |
前回記事で書きましたが、現在体を壊して療養中です。
あ、別段重病人じゃないので、心配ご無用ですYO!前回記事掲載後は沢山メッセージを頂きました。ブログを通じて心配してくださる方がいるなんて、幸せものです。ありがとうございました。

それにしても連日検査や点滴で通院せねばならず、それもほとんど出勤時間と同じ、又は若干早いことも・・・チッ。しかも検査の量も半端ない。体を壊す前はフルタイムの仕事にプラス、日本語を教える仕事もしていて結構忙しくしていたので、とりあえず早起きしなくて済む!毎日ゆっくりできる!と少しウキウキしていましたが、全くの期待はずれです。のんびりしてる実感がわきません。

今日も会社の出勤時間と同じ時間から病院で検査と点滴を受けてきました。
本日の検査は・・・病院についたら心臓の周りに数カ所、ぺたぺたとシールを貼られ、それにコードでつながった機械を腰につけられ終了です。ただしくは、器具の装着終了。こんなんです↓

s-kikai.jpg


これ、明日の朝7時まで外しちゃいけないんだそうで、シャワーも出来ません。
っていうか、そういうこと、早く言って欲しいなあ・・・その手の説明は、聞かないと全くされないですね。どのくらいかかるのかも説明されないです。ちなみに、これが何の検査なのかも実はよくわかってません(苦笑)

前回投稿でも書きましたが、医療レベル自体は極めて高いんですよ。適切な処置をしてくれているなと感じる。しかし、サービスって概念がないんです。救急での処置も、なんとなく「死なない程度に」というムードというか、処置は適切なんだけど、雑なの。注射が下手なのは前回ブログでも書きましたが、例えば肌に張り付いたテープとかも「ビリッ」だし、心電図とるときに塗ったローションとか拭きもせずにめくった服、戻しますからね。日本のお年寄りだったらビックリしちゃうような扱いですが、ここではそれが標準。日本はサービス過剰なんだなあとも思うけど、やっぱ体調悪いときは優しくして欲しいわぁ・・・。


ところで私のかかりつけの病院は、1年前まで住んでいた、この国で初めてのアパートから徒歩1分の場所。懐かしくて、今日は検査と検査の間の時間に食事しがてらうろついていたら、サンダル屋さんを見つけました。全品100シェケル(2400円くらい)均一セールだったんですが、その半数以上が今や日本では見つけるのが困難な厚底仕様。前からこの国に住むフィリピン人女性が揃って厚底靴を履いてるのを見て「懐かしい・・・しかしどこで買ってんだろう・・・」と思ってたら、いやーまだまだ現役で売ってるんですね。


ちなみに私は身長が168センチあり、厚底を履くと身長180センチ突破してしまいます。厚底最盛期に一度、流行りというか調子にのって買ったことがありましたが、自分でも驚くほどデカかったので速攻お蔵入りとなりました。なにせ、山の手線でベンチから立ち上がった私を見た男性が小声で「デケぇ・・・」と呟いていたくらいです。笑


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログ<br />ランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。