--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年11月02日 (水) | Edit |
ユダヤ暦新年より1ヶ月。去年も書きましたがやっと全ての新年行事+オーストラリアから友人帰省+ボニョさんの親友のブリット(※1)+ボニョさんの甥っ子のバル・ミツバ(※2)と行事目白押し月間が終了しました。


まずは新年、私とボニョさんが出会うきっかけとなったニキとタルがオーストラリアから1年半ぶりの帰省。久々に旧友と集まり、キャンプやBBQ、買物に飲み会(まだお酒はそんなに飲めませんが・・・)と忙しいながらも楽しい3週間でした。私もこの新年、2週間の帰省をしたのでわかりますが、帰省は最低でも1ヶ月はないと、終わってみたら「ただ忙しかった」だけになってしまいます。彼女たちもさぞ忙しかったでしょう。でもなかなかそうしょっちゅう1ヶ月のお休みなんて取れませんもんね。次はオーストラリアか日本で会おうと誓いあって別れました。

テルアビブのJaffa港そばにあるシーフードレストランにて、タルとニキ。
相変わらずお似合いのカップルです。

IMG_0658_convert_20111102205448.jpg IMG_0659_convert_20111102205610.jpg


また、新年~ヨム・キプール(※3)スコット祭(※4)の中で、昨年あまりの行事の多さに参加を放棄し、ボニョさんの家族を悲しませた(ゴメンナサイ)スコット祭、今年は体調も良くなったのと、さすがに大家族集会にも慣れてきたせいかスンナリ参加できました。なんだ、参加してみたらいつものこと。飲んで食ってお喋りして、犬と子供と戯れて帰ってくるだけのことじゃないか・・・どうして去年私はそれができなかったのだろう?というくらい祭日はあっけなく過ぎていきました。


私はユダヤ教徒ではないため、私とボニョさんの子どもはユダヤ人にはなりません(※5)。ボニョさんは幼い頃、両親の勧めで宗教家向けの学校に通っていましたが、10歳になる前に普通学校に変更、また10代の頃は左翼のユースメンバーとして活動し、現在は他人の信仰心への敬意を払うのみで「無宗教」を標榜します。コーシェル(※6)も守りません。

対してボニョさんの実家は戒律をきちんと守る、極めて宗教色の強い家族。本来なら招かれざる存在の私ですが、ボニョさんの姉は自身もロシア人と結婚したせいか、家族ぐるみで付き合い応援してくれています。また、ボニョさん母にとっては彼は7番目の末っ子、もう、相手が見つかったというだけでオールオッケー!というスタンスで可愛がってくれ、大変有難いことだと感謝しています。

しかしそーはスンナリいかないのが父上でして・・・まあ、正直私のこと好きじゃないのは雰囲気から感じてました。そもそも挨拶以外では近寄ってきませんし(苦笑)。個人的に好き嫌いというよりも、非ユダヤ教徒というのが受け入れがたいんだろう・・・と頭では理解していても、なかなか取っ付きにくい相手でした。

そして1年程前のこと、ボニョさんの幼馴染のヤニーヴが私に「ボニョのお父さんは、きみといても幸せじゃないんだって。こないだ遊びに行ったらそう言ってたよ!」と伝えたのが極めつけ。婉曲表現はないんか!と言う気もなくなるストレートさに驚き呆れましたが、聞けて良かったと思ったと同時に、私の中での葛藤が始まりました。

いや、分かってました。分かってましたが・・・そうもはっきりと言い切る相手に好意を抱くのは難しい。正直今の今まで、彼との付き合い方が全く分からなかった。イスラエルの挨拶は頬にキスをしますが、彼にだけはそれがどうしても出来なかった。幸い彼以外の家族は概ね好意的なので、なんとか実家にも行っていましたが、こだわる思いは私の中で次第に凝り固まり、ますます彼にとって私は可愛くない存在だったと思います。


そしてまた、イスラエルで迎える新年。正直最近は、ボニョさんの可愛い甥っ子姪っ子に会うのも楽しみだし、お母さんの料理は絶品!だし、実家に行くのが楽しみになってきて・・・楽しめる余裕ができたら今度は、お父さんの気持ちを考える余裕ができました。

80歳になった今でも、何かしていないと落ち着かないという仕事人人生を送ってきた彼。内紛激しいリビア・トリポリから身一つでこの国へ来て以来、ただユダヤ教の教えを信じ守り、7人の子どもを真っ当に育て上げること、それが彼の人生のほとんど全てだったのです。そこにきて最愛の末っ子が日本人を連れてきて、さらにその日本人、何考えてるんだか知らんが挨拶以外は特に話もせず・・・そりゃ、愛せるわけありません。そのきっかけすら、私が自ら拒絶していた。変わるきっかけを作らなくちゃいけないのは私だったのに。


そして先週。今日こそは悪循環を断ち切りたい。そう決心して甥っ子のバル・ミツバのため実家へ。


ドキドキ。勝手にドキドキ。あ、また挨拶と握手だけしてしまった・・・どうしよう、いつ、キスしたらいいんだろう。悶々しすぎて上の空・・・こないだアサッフ(甥)に頼まれて日本からPSPを買ってあげたのですが、アサッフにありがとうと言われても上の空・・・そしてどんどん時間は過ぎ、大勢の人と話をしていたらもう帰る時間。居間に戻って、みんなに挨拶。順にさよならのキスをするボニョさんの後を追いかけ・・・これだ、今しかない。今ならとてつもなく自然にキスできる!できるだけ、さりげなく、自然に!・・・できた!やっとできた!そしたらお父さん、少し震える声で「Toda Raba(ありがとう).. Toda..」と私の目を見て言ってくれた。素直に嬉しかった。

やっと、あの日ヤニーヴにお父さんの言葉を聞かされて以来、私の中で不必要に膨らみ続けた「可愛げのない意地」を捨てることができた瞬間でした。帰り道、車の中で今までのことをごめんなさい、これからはもっと素直になって、いつか「末っ子の相手は非ユダヤ人だが、家族になれて良かった」とお父さんに思ってもらえるよう、少しづつでも頑張らなくちゃなあ、と心に決めたのでした。私が日本人である事実が変わらない以上、それが彼の両親にできる最大の孝行だと思うから。


お父さん今までほんとうにごめんなさい。
そしてこれからは、よろしくお願いします。



※1:男児割礼&お披露目会。現在は多くの人が割礼は病院や自宅で済ましてからお披露目パーティをする。
※2:男子13歳の成人式。女児向けには行われていなかったが近年、女児12歳でバット・ミツバと呼ばれる同様のパーティをすることが多い。
※3:新年より10日目、大贖罪日。24時間の断食をし、その間車の運転は禁忌。ニュースによると今年は断食による脱水症状等で2000人以上が治療を受け、車の減少で逆に交通事故が多発したそう。我が家は不参加。
※4:3200年前、ユダヤ人が出エジプトの際に荒野で天幕に住んだことを記念し、祭りの際は仮設の家(仮庵)を建てたことにちなむユダヤ教三大祭りの一つ。1週間、敬虔なユダヤ教徒は白い布を貼った簡単な小屋(スカー)を建てて屋根をヤシの葉で覆い、その中で寝食する。現実には子どもの良い遊び場となっている。
※5:帰還法で「ユダヤ教を信じる者、またはユダヤ教徒の母を持つこと」がユダヤ人の定義とされているため。
※6:ユダヤ教で定める食べ物に関する規定のこと。


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログ<br />ランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
素敵な話だった
良かったなあ。。
2011/11/02(Wed) 16:31 | URL  | 涼一 #-[ 編集]
 緊張の一瞬でしたね。
譲れたのは立派だと思います。
どういうお父様か存じませんが、「屋根の上のバイオリン弾き」の心境のお父様なんでしょうか。
しかし譲るのは損のようでも、「許すから許される、愛すから愛される」面もあり、こちらのメリットも小さくないと思います( 「トダラバ」と言ってくれたということは、こちらが譲ったことを理解している可能性も高いのではないでしょうか。 そして義理の息子より義理の娘の方が、即ち男女間の方が和解の喜びも倍になるような気がします)。



2011/11/03(Thu) 07:55 | URL  | 匿名さん #-[ 編集]
>涼一さん
涼一さんありがとう!
自分の中では大きな一歩なんですが、本当の始まりはこれからなんですよね。
応援して、喜んでくれる人がいると思い頑張りますね。
2011/11/03(Thu) 19:17 | URL  | ハナ #-[ 編集]
>匿名さん
ほんと、休日の昼間のお祝い事の最中だったというのに一人でドキドキしてました(苦笑)
相手の年齢や環境を考えれば、もっと早くに譲って仲良くなるべきだったと反省しています。
お父さんは理解してくれたと思っています、これからがはじまりですよね。
こういうことを乗り越えて、いつか本当の家族になれる日が来ることを信じて頑張ります。
2011/11/03(Thu) 19:23 | URL  | ハナ #-[ 編集]
ええ話や…

ハナにも心に余裕が出てきたんだなぁって思ったよ。
これから少しづつ歩み寄って行けるよきっと。
今にボニョより仲良くなっちゃうんじゃない?

あたしゃ舅とは仲良く出来ない。。。
全然気にしてないどなっ(笑)
2011/11/05(Sat) 17:53 | URL  | キツツキ #-[ 編集]
>キツツキさん
心に余裕ができてきたのは、体が健康になったのが大きいと思う。
やっぱココロとカラダ、揃って初めて健康だよね。
ボニョより仲良くなれたら・・・素敵だね、相談するのはまっさきにお父さん、とか・・・


まだまだそこまで考えられないけどね(苦笑)
キツツキも、んなこと気にせず我が道を行ってくれ!
2011/11/12(Sat) 23:55 | URL  | ハナ #-[ 編集]
素敵
初めまして。イスラエルコスメを探していて、やってきました。

なんて素敵な話なんでしょう。
帰宅途中の電車内でウルウルしてしまいました。
普通に他人と家族になるのも大変なこと。そこに国や宗教やらが関係すればなおさらの事。
それなのに、異国の地で乗り越えていく一歩を進む姿に感動しました!
2011/12/05(Mon) 12:33 | URL  | fuku #-[ 編集]
>fukuさん
はじめまして、読んでいただいてありがとうございます!

いつも笑い話ばかり書いているので、こういう反応をいただくとうろたえてしまいます。いえ、いい意味で・・・年末の祝日も頑張って行事参加して、さらなる雪解けを目指します!一緒にお出かけできたら最高だけど、まあ、それはゆっくり、ですね。
2011/12/05(Mon) 22:13 | URL  | ハナ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。