--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年06月04日 (水) | Edit |
どうやら外界は40度近くなっているようですが、気づかないフリをしています。こんにちは。

ここのところ急激に暑くなりました。そしてついに数日まえの朝、この家に越してきて初めてのG様登場。しかもイスラエル名物、ひっくり返ってめっちゃもがき苦しんでる薬剤散布後のアレ。この季節は役所が家庭やアパートの共用部分にG様キラーを撒くのですが、それで死にかけてひっくり返ってバタバタしてるのが何故か家の中に死に場所を探して迷い込んでくるんだな・・・我が家は6階なのに。今際の際にエレベーターにわざわざ乗り、我が家を終の場所と選んでいただいたのに何ですがとっても迷惑です。


昨日〜今日はシャブオットという、一年で私が一番嫌いな祝日真っ最中。乳製品をやたらと食べる祝日ですが、ユダヤ教の食餌規定で肉と乳製品の組み合わせがアウトなため、とにかくひたすら乳製品攻め。ノーチョイス。この国の乳製品は恐ろしくマズくて、チーズなどなんというか、外側のワックス塗られた捨てるトコあるでしょ、あんな食感と味に近い。そして国内産業の保護とやらで関税がクソ高いので、美味しい輸入のチーズは高いのです。

欠席したいホリデーナンバーワンですが、それでなくとも家族行事を体調不良で欠席しがちなのでしぶしぶ昨夜の実家ディナーには行ってきました。まあ、行ったら行ったで甥姪たちは可愛いし、そこそこ楽しめるんですけどね。今年は乳製品はキッシュを一切れ程度食べたのみで、あとはサラダを食べていたので本日快調です。日本人に多量の乳製品の消化は無理なんですよね。自分はあっさりした杏仁豆腐を作り持参しました。



ユダヤ教のお祭りは飽食の祭典。現代ユダヤ人はシャバットに火を使わないなどのハードコアな信者はだいぶ減り、事情は変わってきてはいますが、それでも祝日前にスーパーに買い出しに行くと「これからこちらのご家族は長丁場のキャンプにでも出かけるのかしら?」と驚くような量を買い込んでいます。まず、買い物カートの容量が日本の6倍ほどありますw それに溢れんばかり、なんなら2台分・・・と馬に食わせるのか?という量に呆れ果てます。

大体、祝日になったからってなんで沢山食べないといけないの?見ていると、特に年配のお母さんたちはどうも強迫観念で買い物してるようにしか見えず、食べ物に不自由した時代の名残なのかなと思っています。ほら、田舎のばーちゃんちってそうでしょ?勿論そのせいでしょうが、イスラエル人のデブ率は非常に高く、特にお尻のデカさが半端ない。公共交通機関の席では隣席まで尻がはみ出ているメーワクな人が大変多いです。顔も小さくてかわいいし、足も細いのにホント尻だけが異常。先月オランダに旅行した際は、街中に太った人がいなくて(ついでに人々が静かで)感動しました。


タイトルにあるように先週、長くファンであるプロディジーがイスラエルにやってきました。今年はイスラエルでの大物アーティストのライブ当たり年で、なんと今夜はローリングストーンズのライブ。その他にジャスティン・ティンバーレーク、ニール・ヤング、ジャスティン・ビーバー等のライブ開催が決定しています。昨年末にビーニー・マンのライブに行って以来、しかも大好きなアーティストということでウキウキでした。

イスラエルは小さい国です。お陰で全てが身近にあり、そしてそれらはかなりの高確率で繋がっている。友だちは2人辿ればみんな友だちレベルだし、用事はほとんどが身内で済みます。その辺、自分の故郷の秋田市にとっても感覚が似ている。はじめは鬱陶しいですが、なれると便利で安心だと感じるようになってきます。

狭いならではの面白エピソードも多く、数年前まだレオナルド・ディカプリオがイスラエル出身のモデル、バー・ラファエリとつきあっていたときは「レオ様、お忍びでバーとイスラエル旅行。ジャッファの蚤の市や北部リゾートを楽しんでいるご様子」とのニュースを目にしましたが「ジャッファの蚤の市って、買うものほとんどないよーなガラクタ市じゃん・・・あんなとこでレオ様が何を?」と皆、首を傾げていましたw

去年のGuns N' Roses来訪時は「アクセル・ローズ、フロレンティン(テルアビブ南部の飲屋街)のバーでその場にいた客全員とテキーラ・ショットで乾杯」なんて、こちらはちょっと羨ましいなーってニュースも。アクセルと乾杯なんて、気分よく酔えそー!そんな訳で、別にプロディジーのメンバーに会えるとかそういう訳ではないのですが(実際会ったとしてもエキセントリックすぎて会話にならなそうだけどw)なんとなくイスラエルでのライブというのは距離感が近いんです。

会場内はこんな感じでした。野外最高!



ライブは、正直もう30分くらい演って欲しいな〜という感じで短さ物足りなさはあったものの、クオリティは満足いくものでした。旦那の甥っ子とその奥さん、義兄、さらに会社同僚も加わって一緒に踊って、とっても楽しかった!前回ライブは1996年、今回は2014年。次回はまた18年後ではなく、また数年以内に来てもらいたいものです♪


ところで今夜は先ほど書いたようにローリングストーンズのライブです。プロディジーも日本円にして1万円程のチケットで高めでしたが、ローリングストーンズ、その倍以上。ハイすみません、熱心なファンでもないのにそこまで払いたくないでーす。と、すっかり参加する気はありませんでしたが、昨夜のディナーで義兄に「明日芝生席でローリングストーンズ見ないか?」と誘われました。え、芝生席って何?ステージから遠い分だいぶ安いチケットでも買えるのかな?と思ったら


会場のすぐ外側に、ステージの音が全部聞こえる芝生の場所があるそうで。


確かに、プロディジーの時も「これ、チケット持ってなくても会場のすぐ外側に座ってたら普通に聞こえるよね?」と話していたのですよ。


という訳で、これからビール持って、芝生で寝転んでローリングストーンズ聞いてきまーす。笑



♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

クリックしてもらえたら嬉しいです

行ってきました、芝生でローリングストーンズ!
当日は昼間42度、ライブ開始時間の午後9時でも36度という暑さで、ミックはじめおじいちゃんたちにはお気の毒なことでした。。

音はちゃんと聞こえるし、寝転んでビール飲んで友だちと一緒にとっても楽しい時間を過ごしました♪
芝生でライブ、クセになりそう〜☆


※ ニュースによると、私と同じように会場外の芝生席でライブを楽しんだ観客数は、会場内の人数を超えていたとか・・・笑
テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。