--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年06月10日 (木) | Edit |
前回のブログでも各国の国民性について書いたんですが
フランス人の国民性といえば「人生の必修科目はLOVE♥」
今日はフレンチにまつわるちょっとした事件を。

イスラエルに住む日本人女性がある日
テルアビブのビーチまで散歩に行った時のこと。
ビーチのそばには公園があって
実はそこはゲイのハッテン場として有名な場所。
するとベンチに座った彼女にまだ若い(20代半ばくらいだったそう)
フランス系ユダヤ人が話しかけてきて普通におしゃべりを始めて
そのうち、少し散歩しようと言われたんだけど
まだ明るいし、人も沢山いるし、悪い人には見えなかったので
そのままトコトコと歩き始めると彼はやおら

「自分はゲイじゃないけど
 男の人に入れられるのに興味があるんだ」


とトンデモ告白をはじめて(え、それってゲイじゃないの? ^^;)
はじめはそういった衝動について議論してたんだけど
そのうち彼女に向かって

「ちょっとそこの彼に話しかけてみるから
 そばにいてくれないかな」

とこれまたトンデモ要求・・・。
あっけにとられて何も言えない彼女を尻目に交渉開始。
で、晴れて交渉成立したからそこで見張ってて!と
とっとと2人で木の陰に行って早速おっぱじめたそうな。
我にかえった彼女はやっとの思いで逃げてきたそうです。

「ホントにNOと言えない自分に反省したよ」って彼女は言うけど
いや、それはかなりタチの悪いもらい事故です。
心の底から、ご愁傷様でした・・・


で、一方これは私の身に起こった話。

家の前の通りを歩いてたら向こうから歩いてきた男性に

「やあ!この通りで何度か君を見かけて
 次にあったら日本語を教えてって言おうと思ってたんだ!」

とニコニコ話しかけられました。
良かったらこれから打ち合わせも兼ねてお茶でもどう?と
言われたんだけど、あいにく用事があったので
夜なら空いてるんだけど・・・と言うと
じゃあ、夜スシを食べながら話をしよう!ということになり
(どうでもいいけどやっぱりスシ・・・)
再度待ち合わせをしてスシバーに行きました。

んで行ってみたんですが
結局彼が何を言いたかったかというと
「やろうぜ ♥」ということでした。

オヌシたばかったなぁあ!!! 卑怯ナリ!

NoNoNoNoNoOOOOOOO!!って逃げ帰ってきましたが
このクソ野郎もフレンチジューイッシュ。


もちろんすべてのフランス人がそうじゃないのはわかってます、
でも、でも・・・・・・・・

フランス人、トゥーマッチ・・・ 。・゜・(/Д`)・゜・。


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
なんてこった
わしがしばきにいったるわ!許せん!
2010/06/09(Wed) 22:45 | URL  | Ryouichi #.Lj5XGds[ 編集]
>Ryouichiさん
でしょ、でしょー。

はじめの方に書いた友達は逃げる前に彼らの姿を見てしまったそうで、しばらく頭から離れなくて相当嫌な気分だったそうです。(そりゃそーだ)

私の方も、ナンパなら正攻法で最初からそう言ってくれたらスシバーになんか行かなかったものを、下手に日本語教えてとか口実つけるもんだから迂闊にもついて行ってしまったではないですか・・・卑怯ですよね!


2010/06/10(Thu) 09:42 | URL  | ハナ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。