--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年06月18日 (金) | Edit |
今朝スーパーに行こうと家を出たらカップルとすれ違ったんですが
男の方が私の顔を見るなり嘲笑を浮かべ
「チノ~チノ~チノ~♪(チャイナ)」と歌いました。
以前も書いた通り、日中韓の識別は欧米人には不可能なので
中国人に間違われることについてはどうでもいいんです。

ただ、日本人と聞くと急に一段上げてチヤホヤし始めるくせに
実際はアジア人に対してこうした態度とる人もいるんだなあと
改めて思い知った出来事でした。

ボニョさんに話したら「アスホ~ル、アスホ~ル♪」
って歌ってやれば良かったのに!と異常に悔しがってましたが(笑)


ところで、この国には沢山のフィリピン人介護士がいます。
街中でも車いすを押したり、お年寄りの手を引く彼らの姿を
いたるところで見る事ができます。

ボニョさんの仕事はフィリピン人介護士のエージェントなんですが
若い子では、まだハタチをいくらも過ぎない彼らの仕事ぶりに
なかなかまねできない事だと尊敬の念を込めていいます。
仲良しのヤイルのご家族もお世話になっているそうですが
「俺にもできない事をしてもらってる、感謝が尽きない」と話してました。

実は私、フィリピン人には格別の思いがあります。
もう10年も前に亡くなりましたが
私の祖父はフィリピンのルソン島で終戦を迎え
捕虜となり数年を過ごしたのち帰国しました。

降伏すれば殺されないと信じ、丸腰で手を挙げる兵士が
殺されるのが珍しくもなかった時代。
訳のわからないうちに米国に統治されたおかげで
日本が敵になり攻めてきてやりたい放題したのに
フィリピンの人たちは祖父をはじめ日本兵を手当てし
十分な食べ物を与え、帰国の日まで面倒を見てくれたそうです。
帰国時はさぞヨレヨレになってくるものだと思っていたのに
いやにぴんぴんツヤツヤしていて驚いたと祖母も言ってました。
現地の女性と結婚し日本に戻らなかった人がいたとも聞いています。


何かの本で、フィリピンの一番の特産物は人、と読んだことがあって
その時はハテ?と理解できませんでしたが
最近色々考えて、ほんとにそうなんだなーと納得しました。

戦争に巻き込まれるまでは彼らは楽園に暮らす人々だったのです。
楽園の天使は今や世界中に羽ばたいて人々を癒している。

日本でも数年前からフィリピン人介護士の受け入れについて
取り沙汰されはじめていますが現状は遅々としているようです。
介護人材の不足は深刻なので
いずれ大規模に受け入れられる日が来ると思うのですが
抵抗があるという人には私が実際に見聞きした
フィリピノのホスピタリティが伝えられたらなと思います。


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
そうなんだ。。
おじいさんを大切にしたフィリッピンの人達は、人を粗末にしたら自分に返ってくるというのを悟ってた方達で、日本軍兵士ならぶっ殺したいのはやまやまだったと思うけれども徳を積むことを優先したのだと思います。
フィリッピンの治安の悪さを思えば、悪い情報しか入ってこないけれど、ハナさんの日記を読んで良い人は良い人だと認識する視点を持ちたいなあと思いました。
2010/06/19(Sat) 02:55 | URL  | 涼一 #.Lj5XGds[ 編集]
はじめまして!日本の九州から、こんにちは。ブログ村経由でこちらにたどり着きました。

フィリピンの方には、何度かお会いした事があります。笑顔があたたかくて、素敵な方でした。ただ、治安悪化や金銭・結婚トラブルで摩擦が起きて、彼らにマイナスなイメージを持つ日本人も少しいるそうですね‥本当に残念でなりません。
どこの国の人間にも、悪い人と良い人がいますから、何事も明るい方を見落とさずにいたいなぁと思います。

それにしても、日本の現実を知ったとき、イスラエルの方が失望なさるのではないかと、かなり心配になりました‥。日本に長く住んでいた方は、がっかりされたのでは?申し訳ないです。
最近はネット世界で活躍している右翼が酷すぎるし‥。日本人ならスルーできても、外国人(日本語わかる方)はショックなんじゃないのかな‥ネットでは、日本人にも外国人にも偏見が酷いですし。現実の日本人の頭の中は、ほとんどの場合、仕事と食べ物(これ重要!)と趣味ばかりで、平和ボケな感じですけども(´∪`;)笑

長々失礼しました。テレビではわからない、イスラエルのあたたかな一面が知れて、有意義な時間が過ごせました!ありがとうございました。
2010/06/20(Sun) 06:51 | URL  | ミナ #-[ 編集]
>涼一さん
祖父が帰還しなかったら私もこの世に居ない訳で、本当にただ感謝の一言につきます。
いつか、ルソン島に行きたいなーって考えてます。

以前の同僚で仲の良かった子がセブ島のイケメンに嫁いだんですよ。
フィリピン現地は色々問題もあるけど、ゆったりとしたいい国だって話してました。
2010/06/20(Sun) 10:18 | URL  | ハナ #-[ 編集]
>ミナさん
はじめまして、読んで頂いてありがとうございます!

私はフィリピン人の旦那さんを持つ友達がいるくらいで、フィリピン人の知人はいないのですが、機会があったら国のことなど聞いてみたいです。
もちろんいい人たちばかりではないのでしょうが、それはどこの国の人も一緒ですもんね。

イスラエルでは日本に長く住んでいた方を何人か知っていますが、表向きいい国だったとは仰ってくれましたがさて、本当のところはどうなのか・・・
私も先日のトルコからの救援物資船の急襲・拿捕にあたり日本のサイトを調べてみましたが、読めば読むほど「パートナーには見せられないな」と暗ーい気持ちになりました。

政情が不安定だったり、人がずるくならざるを得ない原因は国にあるのであって、元々国民個人の問題ではないはずです。余計な雑音には耳を傾けずに、偏りのない判断ができるようになったらいいなと思っています。

これからも宜しくお願いします!
2010/06/20(Sun) 10:26 | URL  | ハナ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。