--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年09月22日 (水) | Edit |
先週末のシャバットはちょうどユダヤ暦新年から10日目、
この日は「ヨム・キプール」と呼ばれる日です。

具体的にどんな1日になるかというと
○ 日没から次の日没まで25時間の断食(敬虔な信者はつばも飲まない)
○ 何もしてはならない。よって全ての店、交通機関はストップ。

新年からこの日までは悔恨の10日間とされ、
この日を過ごし終わると贖罪が終わり、生まれ変わった身となる意味ある日。
基本的に国全体が機能しない1日となります。

でも私ジューイッシュじゃないし、断食とかキツいなあ。。。
と思ってましたが、さすが世俗派ボニョさん「断食ナシ」のご英断。
(ちなみにある資料では国民の6割が断食するとありました)
わーい、じゃあ単に外の世界に出ないでお家で楽しくしてればいいのね!
と甘く見ていました私。

ボニョさんに連れられ、断食の方がよほど楽だったのではないかという
まさかの27時間ビーチ暮らし。
それも日陰など一切なしのハードコアビーチライフ。

まず、ヨム・キプールのはじまる日の夕方に友人が迎えにきて
テルアビブから車で30分くらい南にあるビーチに移動。

18-09-10_0816.jpg

見事に隠れる場所もないビーチに開いた口が塞がらず・・・

もうかえりたいいぃぃ > <

とはいえ、一旦日没がすぎヨム・キプールに突入すると
次の日の日没まで車の運転はできません。
とにかく暑いし、何を食べても砂でジャリジャリするし
断食しろと言われなくても断食せざるを得ない状況(涙)

それでも夕日は綺麗でした。

17-09-10_1727.jpg

ビーチは、砂というより貝殻の集合体のような感じ。

18-09-10_1653.jpg 17-09-10_1608.jpg

ボニョさんとお友達のi嬢、砂の城を作っています。

18-09-10_1121.jpg


ブログオーナーの紹介にも「北国出身」と書いていますが
北国の民の日光への耐性のなさは伊達ではありません。
ビーチで私が唯一していたことといえば
ターフの陰で伸びていたことだけです。

そしてどんなに日焼け止め塗ったってターフの陰に居たって
じりじりと照りつける紫外線に肌は真っ赤。
2日目にはボニョさんもついに伸びていました。

18-09-10_0815.jpg もうダメ~

読む本もなくなりいよいよ寝そべるしかすることがなくなり数時間。
やっと贖罪の日、ヨム・キプールが日没とともに終わりを告げました。

やっと帰れるのね、スイートホームへ・・・

ちなみに帰り道の高速は通常30分くらいかかるところ10分程度。
高速上では車を2、3台しか見かけませんでした。
で、テルアビブに戻ってきたら車道をたくさんの自転車が!!!
そりゃそうよね、またとない機会だもの、そんな事してみたいよね。

何はともあれ、こうして私の初めての贖罪日が終わりました。
断食こそしませんでしたがなんだか生まれ変わった(生き返った?!)気分。

来年はなんと言われようとビーチキャンプは不参加します。。。


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
いやぁ~想像つかないですなぁ、親戚づきあいといい、27時間拘束といい・・・

外国、とひとくくりにしちゃう島国日本人ですが、個々の国や文化で事情が違うのでしょうね。
イスラエルは人種も宗教も、戦争やら命やらも常にどこか意識しているでしょうから、余計にそうなのでしょうね、なんて。

やっぱり行くべきだなぁ僕。海外に。実際に経験しないと分からないですよね!
2010/09/23(Thu) 09:07 | URL  | 岩渕猛(たけし) #-[ 編集]
>岩渕さん
仰る通り、こればっかりは実際見てみないと想像しづらいかと思います。
私もまだまだ「なぬ?!」と驚くことばかりでいつになったらこれに慣れるのやら・・・

この国にきて分かったことは、テロや戦争ばかりの怖い国じゃないということ。
ガチガチのシオニストばかりかと思っていたら、ボニョさんみたいな世俗派が圧倒的だということ。
収入が低いくせに異常に物価が高いこと。
日本は狭いと思っていたけど、この国はもっともっと(おおよそ人口も面積も20分の1)狭いこと。

これからも、驚いたり動揺したりばかりじゃなくて
思い切り色んな「はじめて」を楽しんで行けたらなー。と思います。

岩渕さん、これも何かのご縁。
ユーロ圏にご旅行の際は是非、イスラエルまで足を伸ばしてみて下さいな♪
去年、日本→ベルリン→イスラエル→アムステルダム→日本と旅行しましたが、
ベルリン→イスラエルは時期を選べば往復200ユーロ以下です。
2010/09/23(Thu) 11:54 | URL  | ハナ #-[ 編集]
断食かあ。
10日も断食して死にそうにならないかなって思うけど、健康にはいいらしいですね。
昨日は満月だったよ。
http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm

日本ではうさぎだけど、イスラエルでは、何が見えますか?
2010/09/24(Fri) 15:35 | URL  | 涼一 #.Lj5XGds[ 編集]
私も一度だけ経験あります。それも日本国内超ド級の田舎町で。
彼とその友人がイスラエリーだったので、友人の家に行き、ごちそうを頂いてご機嫌だったのですが、帰りは遠い距離を歩いて帰り、帰り着いても水も飲めず泣きそうでした。
その日はフテ寝したことは言うまでもありません・・・。
2010/09/25(Sat) 08:26 | URL  | kumi #-[ 編集]
>涼一さん
断食は1日だけですよー。10日悔恨して暮らすと言う意味のようです。
実は過去に3日の断食にチャレンジしたことがあります。
3日目にはちょっと幻覚が見えました(笑)

ボニョさんがまだ寝ている(!)のでイスラエルではどう見えるか聞けないんですが、
南ヨーロッパ全般では「カニ」に見えると言われているそうです。
http://www.geocities.jp/planetnekonta2/hanasi/moon/moon.html

ちなみに、この国からではやっぱり星座も違うものが見えています。
こないだ空に冬の星座・オリオンを見つけたときはビックリしました。
2010/09/25(Sat) 10:58 | URL  | ハナ #-[ 編集]
>kumiさん
なんだかシチュエーションだけでもフテ寝したくなるエピソードです。
もしも1日だけ断食と言われたらまあ、それもやぶさかではないですが
水も飲めないって言われたら嫌だなあ。特にこの国、乾燥してますし。
うちは彼が超のつく世俗派(友達には「アンチ」と言われているw)で良かった!

今日はこれから歩いて美味しいジャッハヌンを食べに行こうと思っています♪
2010/09/25(Sat) 11:14 | URL  | ハナ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。