--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年11月01日 (月) | Edit |
ユーロリーグ優勝5回の実績を誇るマカビ・テルアビブを擁する
イスラエル・バスケットボール・スーパーリーグが開幕しました。

イスラエルで人気のスポーツと言えばサッカー1番、バスケ2番。
みんな贔屓のチームがあり、ライバルチームのファン同士が顔を合わせば
喧嘩してるのか?ってくらい激しく言い合っていたりします。

うちはマカビの本拠地、ノキアスタジアムへ徒歩3分の立地のため
ゲームのある日は家の周りが騒がしいのですぐ分かります。
まず開始前は大渋滞でクラクションと怒号が飛び交い
終了後は勝ったチームのファンがクラクションを鳴らし
車の窓からチームフラッグを振りつつタコ踊り。
なんだか那覇市の成人式の騒動を見ているような気分になります。

昨日はマカビ・テルアビブ対ハポエル・ジェルサレム戦を観戦しました。
ハポエル(労働者の意)はイスラエル1の政党、労働党の基となる
労働者組合のスポーツユニオンを起源に持つ人気チーム。
マカビはセレウコス朝シリアの圧政に立ち向かった英雄の名を冠する
ザイオニスト(シオニスト)の世界的ムーブメントを起源とします。

背景に単なるスポーツチームの対決以上の意味を持つこのカード、
もちろんファンの関心も高く、チケットも通常より高め。
ギリギリに行ってダフ屋から安いチケットを買おうという計画でしたが
売り切れ寸前で計画は頓挫、通常の値段を払っての観戦でした。
チケットはこんなのでした。(お値段1人100シェケル≠2300円。)

01-11-10_1526.jpg


仲良しのTちゃん夫妻とそのお友達Jくんカップルと行ったんですが
Tちゃんの旦那様とJくんははジェルサレム出身、
ボニョさんはマカビ・テルアビブの熱狂的ファン。
今回はマカビのホーム、ノキアスタジアムでの試合だったので
(収容人数1万人と聞いたけど、もっといたような気がする)
マカビとハポエルの応援席の分かれ目くらいに座るつもりでしたが
Jくんがハポエルのチームカラー、赤のマフラーをつけていたため
強制的にハポエル側の席に座る事に。
(騒動を懸念してか、あからさまにチームカラーを身につけている人は
 相手チームの席には座れないのです)
ボニョさんは茶色地にマカビのチームカラー、
黄色のロゴのTシャツを着ていたのですが
たったそれだけでも入り口で「どっちなんだい」と詰問されてました。

左からポニョさん、Yさん、Tちゃん、Jさんカップル。
このシャツのロゴカラーですら喧嘩の原因になりかねない状況って。笑
ちなみにYさんは背伸びしてますよー。195cmくらいになってるね。

31-10-10_2258.jpg


開始に遅れること10分、やっと入った館内はすでに熱狂の渦。

31-10-10_2121.jpg


今回ジェルサレムはアウェーなので
全ブロック中1割程度の席が赤い服の彼らの席だったのですが
応援席がわの数不足を補うように全員立っての観戦!
(マカビ側はゴールのとき以外は座っている人が多かった)

えー・・・ 私も立たなきゃ駄目?(´・ω・`)

しかしやはり立たないと試合が見れないので
椅子の背もたれに座ったり降りたり落ちつかない感じでした。

私にとって初めて見る生のバスケの試合、とにかく選手がデカい!
かなり遠くの席からの観戦でしたが、それでも分かるくらいデカい!
デカ過ぎてもはや人間離れして見える選手もいました。
試合は大盛り上がりで、途中チアリーディング(美人のおねえさん)や
マスコットキャラクターのダンスなど楽しめましたが
なんといってもすごかったのが応援合戦。

赤のハポエル・ジェルサレムチーム側(アウェー)が

「お前の母ちゃん、ヤリ○ン!」と叫べば

黄のマカビ・テルアビブチーム側(ホーム)が

「とっとと家帰れ~!」と返す

恐ろしく低次元な野次り合い!!

野次の内容を訳してくれるボニョさんも

「こんなレベルだよ・・・」と呆れてました。

試合自体は、そりゃユーロチャンピオンに何度も輝いたチームと
アウェーかつ格下のチームの試合なので残念ながら
Yさんの応援するジェルサレムは20点の大差で敗れましたが
因縁の試合だけあってすごい熱気のいい試合でした。
(例えていうなら東京ドームで巨人対阪神戦を見る感じ?)
すでに16点リードしていたマカビが試合終了間際、
ドカンドカンと2連発でダンクを決めたのが印象的だったなあ。

試合の途中から勝ちをすでに確信しているボニョさんは

「4・5回このカード見たけど
 悔しがる奴を見るってのは気分がいいな!
 今までで一番楽しい試合だぜ!」


と上機嫌。対するYさんは

「マカビがバスケをつまんなくした!
 あんなにいつも勝のはおかしいじゃん!」


と、本気とも冗談ともつかぬ毒舌合戦。
もちろんじゃれあってるだけなんだけど、
イスラエリーは声が大きいので喧嘩みたいに見えるのよねえ。

今度はもうちょっと早めに行っていい席を確保して
もっと近くで選手たちのプレーを見てみたいと思いました。
何はともあれ、試合後のお酒を含めてとても楽しい夜でした。


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
イギリスでもサッカーは、ものすごい荒れています。試合に負けたチームが、パブを燃やしちゃったりとか!信じられない、怖いです。

バスケットボールはこっちではあまり人気がないのですが、私は大好き!みたいです。

この前はパブで、「フットボールの話しお断り」という看板を見ました。イギリスの熱狂的なファン、相当怖いですよおおお!!
2010/11/02(Tue) 15:39 | URL  | モモグラモ #-[ 編集]
>モモグラモさん
そうだった、イギリスはフーリガンがいるんですよね!
パブ燃やしちゃ駄目でしょ!怖すぎます!
会話も禁止は笑っちゃいました。話をしたら追い出されちゃうんでしょうか?

イスラエルに来たら是非一緒に観戦したいですね。
スラムダンクの中でしか見た事のない豪快なダンクとビールできっと楽しいですよ♪
2010/11/02(Tue) 18:02 | URL  | ハナ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。