--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年11月07日 (日) | Edit |
イスラエリーはとにかく集まるのが大好きです。

で、集まって何をするのかというと、別段特別なことは何もしません。
だた一つ所に座り、お茶を飲んだり話をするだけ。
(もちろん食事やお酒を楽しんだり、映画を見たりすることも)
もちろん私も日本で意味もなく友人を訪ねることはありましたが
頻度は全く比べものになりません。
そのせいか、イスラエリーは日本人だったらあんまり話さないような
お互いの給与額なんかも把握しあっていたりします。
良くも悪くも嘘がつけない間柄という感じ。

はじめの頃は「これから◯◯が来るってさ」とボニョさんに言われて
「for what ?!」(なんのために?!)
と聞いていたものでしたが(苦笑。そのくらいしょっちゅう人が来る)
ようやく慣れてきました。


週末(安息日・シャバット)の過ごし方も同じで
もちろんテルアビブは雑多な人種構成の大きな街なので
シャバットの夜といえども店は開いていますが
これが宗教家の多いジェルサレムや、他の小さな町となると
コンビニやピツツィヤ(キヨスク)以外は全て閉まってしまうため
要するに、家族や友達と集うしかすることがないのです。
(テルアビブも都会とはいえ昼間の人口が200万人程度の中規模都市。
 正直、そこまで娯楽らしい娯楽もないのが実情ですしね。)

ローマ帝国に滅ぼされてのち、ユダヤ人は世界離散し
各地に同化して暮らしていましたが
少ない人数でユダヤ教の伝統を守り、伝えていくためには
どうしても皆が固まって住み、しょっちゅう顔を付き合わせる必要があった。
(特にユダヤ教は食事面でも守るべき戒律がありますし)
きっと、その名残なんだろうなと理解しています。

そして、62年前イスラエル国が建国されたのち帰還し
異国で伝統を守る心配がなくなってからの第2世代(ボニョさん世代)は
ユダヤ教のしきたりを守らない人が増え
親兄弟と離れて暮らす核家族化がだんだんと進んできています。

それでも高校または大学をでたら独立した居を構えて働き
親兄弟とは年に数回顔を合わせる程度が当たり前と思い
そうしてきた私のような(一般的)日本人の思考からしたら
まだまだ相当家族との時間は多いなとは思いますけどね。
ボニョさんのお姉さんは毎週シャバットごとに帰省してますし。
(イスラエル、狭いので帰りやすいのも理由とは思いますが・・・
 なんたって北から南まで車で走ったって半日かかりませんから。)

欧米諸国では18~20歳になったら皆独立、のイメージが強かったので
親離れ子離れしないイスラエリーが少々奇異に思えていましたが
こうして自国を離れて暮らしていると自然、日本人と集まる機会が増える。
これも少ない情報を共有し、生活の質を向上させるためのこと。
自分の立場に置き換えてみてやっと最近
イスラエリーがやたらと集う意味が分かってきました。

私たちがずっとこの国で暮らしていくかどうかはまだわかりませんが
できるだけ、日本の伝統や料理など伝えていけたらなと思っています。


ちなみに今の私の夢は「流しそうめん」を実現させること!
しかし砂漠気候のこの国ではまず、立派な竹を見つけるのが不可能。
こちらで流しそうめん用の竹の通販サイト発見!

set1-3 (1)


「税込み価格10,500円+2個口分の送料」+ 国際送料 かあ・・・
世界一高いそうめん になっちゃいますね。><;


     ♥ 絶賛、ランキング参加中です ♥

人気ブログランキングへ にほんブログ村 海外生活ブログ イスラエル情報へ 

    クリックしてもらえたら嬉しいです

テーマ:イスラエル
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメント
こんばんは~
流しそうめんって食べたことあるけど、あんまりおいしいとも思わなかったなあ。。
でも、パーティのイベントにはもってこいかも。
イスラエルには日本の竹ってないから珍しいと思う。
2010/11/08(Mon) 14:44 | URL  | 涼一 #.Lj5XGds[ 編集]
大家族と核家族
イスラエルの場合、離散の歴史から、意識的、同胞が集まる文化が出来たのでしょう。うちの息子は、どんな友人たちと将来語りあっているのでしょうか(笑)そのころは当方はあの世ですが、仲間に入りたい気もあるんですよね。
2010/11/08(Mon) 16:48 | URL  | ひろりん #-[ 編集]
>涼一さん
この際、味は不問なのです!!
問題は「清涼感とイベント感」です。
竹はやっぱり湿原に生えるものですねえ。
こちらでは全く見かけません。
2010/11/08(Mon) 18:02 | URL  | ハナ #-[ 編集]
>ひろりんさん
私たち、ずいぶん会ってませんね。最後は箱根登山?
お子さんとひろりんさんと一緒にいつか会うのが夢だなあ。
「今日、お父さん、女の人と会ってたよ!」とか言われないかな(笑)

日本人に生まれると実は無理に海外に出なくても快適に一生暮らせちゃいますが
一度きりの人生、何をしたいと言われても叶えてあげたいですよね。
私はこの年で海外に出てきて、いろいろあるけど良かったなと思っています。
2010/11/08(Mon) 18:06 | URL  | ハナ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。